タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

「ニューヨークへ行きたいかーっ!!」のおもひで

私が小・中学生の頃、日本テレビ系列で毎年放映されていたのが『アメリカ横断ウルトラクイズ』でした。

 

ウルトラクイズ「知力・体力・時の運」のキャッチフレーズに表れているように、クイズが得意なだけでは優勝できません。成田まで行ってもジャンケンで負けたら終わりですからね(笑)

 

大学生になったら絶対に出るんだ!との思いを胸に秘めてはいましたが、私が大学生になるはるか前に番組は終了。大学2年のときに1度だけ復活しましたが、その頃には私の頭の中から「ウルトラクイズ」の文字は抜けてしまっていました。(今日のタイトルを見たらまるでウルトラクイズに出たみたいですね。失礼!)

 

現在、ケーブルテレビの「ファミリー劇場」というチャンネルで、これの再放送をしています。なんだか懐かしくて、ついつい見ちゃうんです。

 

後楽園球場(東京ドームができる前ですから)での◯✕クイズで走り回る当時の若者の表情を見ると、本当に楽しそう。おそらく今はスマートフォンなどですぐに検索できちゃいますから、同じ形式で実施しようとしても、クイズとして成り立たないのかもしれませんね。

 

ただ、若かりし頃の徳光和夫さんが、「胸の大きな女性はレントゲン写真が写りにくい。◯か✕か?」という問題で、間違えて落選した女性をつかまえて、「ちなみに胸は何センチあるの?」なんて聞いてるあたりは、今ならBPO入り待ったなしでしょう。少なくとも番組内で謝罪コメントが出るはず。

 

大らかな時代でしたね(笑)

 

参加者が輝いて見えるのは、海外旅行が今ほど一般的でなかったという時代背景もあると思います。機内での400問クイズを突破してグアムに降り立った人の中には、海外は初めてという人もいたくらいです。私が大学生の頃でさえ、エイビーロードやエイチ・アイ・エスのおかげで、学生でも安価に海外旅行に行けるようになっていましたから。

 

ですから、いくら福留功男さんが「ニューヨークへ行きたいかーっ!!」と絶叫したところで、あの頃のようなエネルギーに満ちた番組にはならないのでしょうね。「いや行ったことあるしwww」みたいな空気になるんだろうなぁ。

 

バブル絶頂期へと向かう途中の、日本中が熱気に満ちていた時代でなければ成り立たない企画だったのでしょう。番組の終了がバブル崩壊後の1992年という事実をみても、時代が作り出した名番組、と言えそうです。

 

とはいえ、私の海外に対するあこがれを大きくするには十分な番組でした。

 

あれほどニューヨークを目指すお兄さんやお姉さんたちを見てあこがれた私ですが、アメリカは西海岸しか行ったことがありません。すでに40歳に届こうかというオッサンになっちまいましたが、今「ニューヨークへ行きたいかーっ!!」って福留さんに言われたら、絶叫しながら拳を突き上げるかもしれません(笑)

 

それでは今日はこの辺で。

「西武池袋線 vs 東武東上線」の調査から考える首都圏の鉄道

いろんなニュースをあさっていたら、こんなのに出くわしました。

suumo.jp

 

この調査によると、各沿線の好きなところ・気に入っているところの1位と2位は「どこに行くにも便利」と「ほかの沿線に乗り換えしやすい」だそうです。

 

私、西武池袋線沿線に住んでますが、たしかに池袋まで行けばJR(山手線・埼京線湘南新宿ライン)、丸ノ内線有楽町線副都心線にアクセスできますし、六本木方面に行くなら練馬で大江戸線に乗り換えれば楽ちんです。

 

でも、両沿線を選んだ人、特にマンションや戸建住宅を購入した人の場合は、本当の1位の理由って田園都市線や中央線といった人気路線よりも安いからじゃないでしょうか(笑)

 

東武東上線の沿線には住んだことがないのでよくわかりませんが、少なくともここ数年の西武グループの沿線開発への力の入れ方はすごいと思います。

 

例えば石神井公園駅。駅舎はキレイで立派ですし、駅周辺も徐々にオシャレな街に生まれ変わりつつあります。駅から石神井公園へ向かう途中にパチンコ屋がひしめいているのはアレですが、西武グループはおそらく、この駅と石神井公園を中央線で言うところの吉祥寺と井の頭公園のような存在にしたいのではないかと思います。

 

それから、西武線で言えば秩父の存在も忘れてはいけません。こちらも京王線で例えると高尾山のような存在として売り出したいという思惑が見え隠れしています。こういうのがあると、外から来る旅行者のような沿線民以外の利用者も増やせますからね。

 

近年の鉄道会社は、鉄道事業を成功させるためには、沿線価値の上昇が必須と考えのもとに経営計画を立てています。沿線に住む人が増えれば鉄道の利用者も増える、と。しかも高尾山や秩父のような観光地を後背地に持っていれば、特急などの乗車率も高まりますから、開発に必死になるのもわかります。

 

西武グループの場合、数年前に再上場を果たし、堤一族の呪縛から逃れるために沿線価値を上げなければならない、という意図もありそうですけどね(笑)

 

以前、西武新宿線沿線の賃貸に住んでいた時に、不動産屋のおばちゃんが西武新宿線の始発駅が新宿駅に乗り入れてなくて新宿歌舞伎町にあるのは、堤さんが女好きだったからに決まってるわよ!」って言ってました。ウソかホントか知りませんが、100%否定もできないくらい堤一族(というか義明氏)の影響力がすごかったわけで、それだけに不祥事以降のイメージダウンも大きかったのでしょう。

 

ちょっと話がそれましたが、首都圏はJRを含めた鉄道会社がしのぎを削り合っている状態。それぞれに特色があっていいと思いますよ。

 

それでは今日はこの辺で。

日産スカイライン60周年 ✕ 大相撲の懸賞幕

今年は日産スカイラインの生誕60周年。

 

当然60周年記念の限定仕様車もリリースされています。

f:id:nobie-t:20170510160250j:plain

画像:日産自動車公式ウェブサイト(http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/exterior.html

 

インフィニティエンブレムの是非は置いといて、セミアニリンレザーシートとか本木目のトリムとかBOSEのサウンドシステムとか、なかなか豪華な仕様のようですね。

 

現行スカイラインにはクーペがなく、すっかりミドルサイズセダンとして定着してしまった感があるのは寂しいところ。時代の流れですから仕方ないか。メルセデス・ベンツがCクラス(セダン)の競合車とみなしているくらいですからね。(でもスカイラインの2リッターモデルにCクラスのエンジン供給してるじゃんwww)

 

さて、スカイラインが60周年ということで、日産はなんと大相撲夏場所に懸賞幕を掲出するそうです。

newsroom.nissan-global.com

 

懸賞幕の一部がこちら。(以下の画像は上記リンクのニュースリリースより)

 

これは「タイトル」だそうです。

f:id:nobie-t:20170510160752j:plain

こちらは「初代」。

f:id:nobie-t:20170510160844j:plain

そしてこれが現行の「13代目」。

f:id:nobie-t:20170510160913j:plain

背景のモチーフは浮世絵、富嶽三十六景だそうです。

 

プレスリリースによると『日本の最高峰である「富士山」と、常に時代の先端を駆け抜けてきた「スカイライン」の60周年という歴史の節目を重ねあわせた』とのこと。

 

インフィニティエンブレムを付けているのに世界を目指さなくていいのかという疑問もなくはありませんが、大相撲という舞台で掲出するならこれでいいのかもね。

 

それでもスカイラインのターゲットって大相撲ファンの層だったっけという疑問は残りますけどね(笑)

 

◯周年をきっかけにあの手この手で露出を図るというのは、私は悪いことだとは思いませんし、むしろもっと露出があってもいいかな、とも思っています。

 

好きなモデルだけに、スカイラインが製造中止にならないよう、しっかりマーケティングをして販売につなげてほしいものです。

 

それでは今日はこの辺で。

産業観光と自動車産業

「産業観光」という言葉をご存じでしょうか?

 

平たく言えば、訪れた土地に根付いている産業の過去・現在(・未来)を見せる観光資源として活用し、人を呼び込もうということです。

 

最近では外国人旅行者を誘致する策としても注目されています。

 

例えば、岐阜県関市とその周辺は「刃物の町」として知られるようになったのなどが、産業観光としての例と言えるでしょう。

 

「観光資源がない」と嘆く自治体などが目を付けることが多く、その姿勢と努力には頭が下がります。

 

欧米などでは一般的なんでしょうか。そのあたりは研究したことがないので何とも言えませんが、自動車メーカーの場合はそれぞれの歴史をさまざまな趣向を凝らした展示で見せるミュージアムを持っていることがあります。

 

例えば、イタリアのフェラーリミュージアムなんていいですよね。

f:id:nobie-t:20170509170340j:plain

画像:Museo Ferrari Maranello公式ウェブサイト(https://musei.ferrari.com/en/maranello

 

ドイツならポルシェミュージアムも行ってみたいです。

f:id:nobie-t:20170509170547j:plain

画像:ポルシェ・ジャパン公式ウェブサイト(http://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/porschemuseum/

 

日本のメーカーだと、やっぱり愛知県のトヨタ博物館でしょうか。

www.toyota.co.jp

 

昨年から展示のリニューアルを進めてきて、今年には本館3階のリニューアルも終了。トヨタのクルマだけでなく、日米欧における戦後のモータリゼーションの進化がわかるような展示になっているそうです。こちらも行ってみたいなぁ。

 

自動車産業は歴史があって、その国の基幹産業でもあるわけですから、こういった博物館で広報するというのもメーカーが背負う社会貢献のひとつなのでしょうね。

 

前段の産業観光絡みの話題に戻りますが、このブログでも何度か書いているとおり、観光とは「その国の光を観る」というのが語源だと言われています。

 

そういう意味では「観光資源がない」場所なんて、この世には存在しないはず。「産業観光」という言葉が死語になる日が来たその時が、日本が真の観光立国になったと言える日なのだと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

ホノルル線でJALとANAの競争激化へ!

先月末に発表されたANAホールディングス中期経営戦略によると、全日空の国際線はリゾート路線を強化する方針が明らかになりました。

 

Aviation Wireの記事にも書かれていますが、短距離国際線にはA320neoを投入するほか、成田/ホノルル線にはA380を投入するそうです。さらにホノルル線には、ビジネスクラスにフルフラットシートを導入したB787-9を投入するんだとか。

 

その他の施策も含め、私にはかなり攻めているように思えます。

 

だって、ハワイはこれまでJALが牛耳ってきた路線。そこに真正面から堂々と殴り込みをかけようってわけですからね。

 

閑散期の需要喚起策としてホノルルマラソンの冠スポンサーになったり、10年くらい前からは自転車のセンチュリーライドにも力を入れ始めるなど、JALとしてもこれまで投資してきた額が大きいだけに、そう簡単にパイを奪われるわけにはいかないと思いますが。。。

 

ただ、最近のJALに対して1点だけ声を大にして言いたいのは、、、

 

税金を投入してもらい、負債を踏み倒したことで立ち直ったのを忘れてやいませんか

 

ということ(笑)

 

一時期ANAと合併するんじゃないかなんて笑い話もありましたが、本当は笑ってられないくらい謙虚にやってほしいのですけど。ナショナルフラッグキャリアが破産するところまでアメリカの真似をしなくてもいいのにね(笑)

 

ちょっと遠回りな言い方になりましたが、そんなJALの姿を見ているだけに、ANAの攻めの姿勢は経営計画にも現れるのかな、と思っています。

 

いずれにしても、競争によって利用者に選択肢が生まれるのは歓迎すべきことです。

 

卑怯な手を使って相手を蹴落とすのではなく、消費者に答えを出させる正当な競争により、良きライバルとして切磋琢磨してください。

 

と、ハワイに行ったことのないのびーが偉そうに語ってみました(笑)

 

それでは今日はこの辺で。

WEC第2戦:トヨタがワンツーフィニッシュ!さあ、次はル・マンだ!!

嬉しいニュースでした。

www.as-web.jp

 

GAZOO Racingの公式ウェブサイトでも「次戦ル・マン24時間へと確かな手応え」という見出しで決勝レースの詳細が掲載されています。

toyotagazooracing.com

 

昨年は残り5分くらいでスローダウンし、コントロールライン付近でストップ。再び走り出したものの、規定時間内に周回できなかったということで完走扱いにすらなりませんでした。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

ル・マンには魔物が棲んでいると言われるこのレースですが、ここまでツキのない負け方も珍しい。

 

WEC第2戦で優勝したトヨタの7号車は、本来なら優勝できる展開ではなかったようです。しかし、8号車が2度のフルコースイエローにより、必死で築いた後続とのリードを失うという不運に見舞われたことで、終わってみれば表彰台の一番高い所に立つことができたとのこと。

 

昨年のル・マンでフィニッシュラインを越えられなかった中嶋一貴選手は「複雑な気分です」とのコメントを出していますが、「昨年、不運続きだった我々にも、今年は運が向いてきたのだと感じています」とも語っています。

 

WEC第3戦はいよいよル・マン

 

運でも何でも構いません。全てを味方につけて、日本時間の6月18日には歓喜に湧くゴールシーンを見せてほしい!

 

それでは今日はこの辺で。

大型連休などでアクセスが増える記事

ゴールデンウィークも残りわずか。

 

といっても、連休明けに納品する仕事を抱えているフリーランスにとっては、毎日何らかの仕事をしていますので、あんまり関係ありません。

 

このブログを開設した2016年2月1日以来、アクセスの1・2位を争っているのは以下の2つです。

tabiguruma.hatenadiary.com

tabiguruma.hatenadiary.com

 

おそらくクルマを購入しようと情報集めをしている方々による訪問なのでしょうね。でも、私が好き勝手に書いているだけのタビグルマ雑記帳はどこまでも無益ですので、この場を借りてお詫びしておきます(笑)

 

さて、アクセス上位のツートップは変わらないのですが、大型連休や夏休み期間をひかえた時期にアクセスが増えるのがこの記事。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

ブログ開設前にたまたま行ったオートキャンプ場の思い出を書いたものです。こちらも「オートキャンプ」で検索した方が行き着いたものと思われます。

 

申し訳ないのが「オートキャンプ場充実しすぎ」というタイトルは、あくまでも山小屋のテント場との比較だという点。というのも、キャンプ場に行ったのが初めてという我々でしたから、キャンプ場そのものの評価としてはどうなんでしょうか、と感じるからです。

 

それでもこの早川町オートキャンプ場は充実していたとおもうのだけど。。。

 

同じ年の秋には八ヶ岳方面のオートキャンプ場に行きましたが、友人の評価も早川町に軍配でした。

 

今日の午後くらいからは、おそらく渋滞◯◯km!というニュースが飛び交うのではないでしょうか。お出かけのみなさん、気を付けて帰ってくださいね。

 

それでは今日はこの辺で。