読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

ハイゼット キャディーはウェイクよりも…?

ダイハツから新しい商用車の「ハイゼット キャディー」が発表されました。

 

www.daihatsu.co.jp

 

一目見て「ドデカくつかおう。」のウェイクの商用車バージョンだとわかりますよね。

 

写真を並べてみましょうか。

 

まずはウェイク。

f:id:nobie-t:20160613232410p:plain

次がハイゼット キャディー。

f:id:nobie-t:20160613232451p:plain

(写真はいずれもダイハツ公式ウェブサイトより)

 

テレビCMでもアピールしているように、荷物をジャンジャン積めることがウェイクのウリ。ということは、商用車にしても「物をたくさん積んで運ぶという性能」は折り紙つきなわけです。さらにダイハツいわく、軽商用バンとして初めてレーザーレーダーや単眼カメラ、ソナーセンサーなどのシステム「スマートアシストII」を搭載。安全性や利便性はウェイクと変わらずに、装備をシンプルにしたモデルといえそうですね。

 

ということは、カスタムを前提にする人にとっては、ハイゼット キャディーの方がお得なんじゃないでしょうか。スマートアシスト付きの2WDを比べると、、、

 

ハイゼット キャディー X “SA II”(FF) ¥1,420,200 

ウェイク Gターボ “SA II”(FF) ¥1,6740,000

 

ウェイクはこの上にレジャーエディションというグレードがあり、FFでも170万円を超えます。

 

ですから、軽ではあり得ない大径ホイールをはかせちゃうとか、ローダウンしたいとか、爆音マフラーに変えるとか、対応品が出たらエアロも着けちゃおう、なんて需要はまだあるでしょう(私の美意識とは相容れませんが)から、そんな1/1のオモチャにするカスタムのベース車両としてはウェイクよりいいと思います。

 

ダイハツハイゼット キャディーのウェブサイトに掲載されている写真を見る限り、ルノーのカングーのような扱いにしたいのかな、という印象を私は受けました。いくらなんでもそれは言いすぎですかね(笑)

 

それでは今日はこの辺で。