読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

ガラス張りの遊歩道とか橋って面白いのか?(笑)

Yahoo!のニュースでこんなのがありました。

headlines.yahoo.co.jp

 

ハンマーでバンバン叩いて「ほら見ろ、壊れないだろ!」って(笑)

 

しかもその前にSUVでガラスの上を走っても大丈夫!って(爆)

ボルボもいい迷惑ですね。。。

 

だいたいガラス張りにしたところで何が面白いのか…。バンジージャンプの経験がある私でもこの感覚は理解できません。

 

それに、この吊橋のあたりって世界自然遺産らしいじゃないですか。なのにこんな橋を作っちゃって。。。世界遺産の登録から外れたりしないんでしょうか。登録されている範囲の外なら問題ない、という考えなのかもしれませんね。とはいえ、これを観光の目玉にしようというなら、世界遺産の意義と完全にずれちゃいますよね。

 

世界自然遺産は、そこがどれだけ貴重な自然環境かというのを身を持って体験したくて人が訪れるはず。(そうでない人もかなり多いのは承知していますが)

 

自然遺産の場合、私は年間の人数に制限を設けてもよいと思っています。ニュージーランドで人気のあるウォーキングトレイルの「ミルフォードトラック」がまさにそうで、1年で歩ける人数に上限が設けられています。

 

世界遺産登録によって経済効果を、と考える地元自治体や商工会議所などの経済団体が許さないのでしょうが、人間による自然へのダメージを極力少なくしてほしいと思います。

 

私も登山をする身。富士山で議論になりましたが、今後日本の山でも入山制限が設けられれば、登りたい山に登れない状況も出てくるでしょう。でも、そうなれば仕方ないと割り切るつもりです。

 

上高地のタクシー運転手が言っていたように、「山は逃げませんから」。

 

いつか登れる日が来るでしょう。

 

なので、中国の人にも、もう自然遺産やその周辺で「ガラス張りの◯◯」による集客なんて考えないでほしいです。

 

それでは今日はこの辺で。