読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

F1のニュースって、こんなのばっかり…

F1の分配金をめぐって、こんなニュースがありましたね。

 

www.as-web.jp

 

分配金の詳細が明らかになってから、公平性を著しく欠いているということでかなり批判されてきたF1。

 

ここ何年かは、奇っ怪なレギュレーション変更を繰り返し、なおかつドライバーはスポンサーを連れてこないとシートを獲得できないとか、F1のニュースってこんなのばっかりでしたよね。「世界最高峰の自動車レース」と冠されるのにふさわしくない状況だと思います。

 

しかもフジテレビが放映しなくなったことで、日本での人気は下がる一方。オールドファンがネルソン・ピケとかリカルド・パトレーゼの時代は面白かった、とか、セナ・プロに勝るドライバーはもう出ないとか思うのも仕方ないでしょう。

 

ジャック・ビルヌーブとかミハエル・シューマッハが台頭し始めた頃にF1を本気で見始めた私でさえ、最近はつまんないなーと感じているわけですし。

 

ましてやこのタイミングではル・マンでのトヨタの活躍(と悲劇)とか、翌日のポルシェの広告にトヨタのTS050の写真が使われていて「ポルシェは大人のチームだ」とさらに株を上げたこととか、アウディのレース後の潔いコメントに感動したとか、世界耐久選手権の注目度が上がっています。今後、トヨタWRCで表彰台とか総合で上位に食い込むなんてことになると、日本のモータースポーツシーンからF1が消えてしまいそうです。

 

はたして今後F1はどこに向かうのでしょうか。かつての魅力を取り戻してくれるよう願うばかりです。

 

それでは今日はこの辺で。