読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

新型パナメーラはボンドカー?

このブログを始めてから5カ月ちょっとになるのですが、なんと初めて「コメント」をいただきました!

 

ホント、思いつきを書きなぐっているだけのブログなのに、アクセスしてもらったうえにコメントまでいただいちゃって。

 

ありがとうございました。

 

初コメントをくださった「ichibey-harbour」さんに敬意を表し、「ichibey-harbour」さんのブログのリンクを貼らせていただきます。

 

ichibey-harbour.hatenablog.jp

 

本来であれば今日は「旅行」カテゴリーのターンで、明日の「クルマ」ネタとしてとっておいたのですが、ichibey-harbourさんもご自身のブログで触れていたこともあり、前倒しで新型ポルシェ・パナメーラのお話をしようと思います。

 

まあポルシェですから新型がスゴイのは当然です。

 

4.0リッターV8ツインターボエンジンが叩き出す性能は、最高出力550PS、最大トルク770Nm、最高速度306km/h、0-100km/h加速3.8秒(スポーツクロノパッケージ装着時は3.6秒)です。

 

小学生が決めたようなスペックですな(笑)

 

このスペックを見てちょっと思ったのですが、少し前にベントレーがリリースしたフライングスパーV8 Sを意識してるんじゃないかな、と。

 

フライングスパーV8 Sは、最高出力528PS、最大トルク680Nmで、最高速度が306km/h、0-100km/h加速が4.9秒ですから、ほとんど上回っていますが、最高速度は無理やりベントレーに合わせてきたように思えます。

 

とはいえ、フライングスパーのW12気筒モデルには同社おなじみの最上級グレード「Speed」がありませんから、「世界最速のラグジュアリーセダンベントレーだ!」とかいってトンデモ級のクルマを発表しそうですね。

 

<のびー的予測>

フライングスパー Speed

最高出力:700PS

最大トルク:1200Nm@1750-6000rpm

最高速度:320km/h

0-100km/h加速:3.9秒

 

こんな感じだったら笑ってあげましょう。

 

スーパーカーのカテゴリーでバチバチと競い合ってもらえば、市場の活性化という意味でも健全だと思います。何よりハタから見ていて楽しいですし。

 

どうせ私には買えないクルマですから。

 

さて、新型パナメーラで最も気に入ったのは、可変リアスポイラーです。ichibey-harbourさんも「男のロマン」と言っておられました。

 

まずは下の動画をご覧ください。可変スポイラーは1:55あたりで見ることができます。

 

www.youtube.com

 

出てきた瞬間は他メーカーなんかと同じですが、そこから横にギュイーンって広がってる、ギュイーンって!

戦隊物で出てくるロボットの変形シーンみたいじゃん!

 

映画『007』シリーズは詳しくありませんが、ボンドカーってこんな感じなんですかね?新型パナメーラのスペックには何ノットで飛べるとは書いてないので、さすがに飛行モードはないんでしょうけど。

 

いやー、アストン・マーティンよりも先にボンドカー要素のあるクルマを出すとは、、、恐るべしポルシェ!

 

それでは今日はこの辺で。