読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

観光地での「わ」ナンバーにご用心

ある仕事で調べる機会があったのですが、沖縄県ではレンタカーを利用する外国人旅行者が増えているそうです。

 

それにともなって大小さまざまなトラブルも起きているんだとか。

 

そんな背景から、昨年11月には沖縄県警、OTSレンタカー、JAF沖縄支部の3者で外国人観光客の110番通報に係る覚書を交わし、トラブルに対応する体制を整えつつあります。

 

また、JAFは今年6月1日からロードサービスの電話で通訳サービスを開始。なんと12カ国語で24時間365日対応するそうです。

 

本国で運転していても、ここは左側通行の日本。左側通行の国の方が圧倒的に少ないわけですから、慣れない人ばかりと考えた方がよいでしょう。ハンドル位置が変わるだけなのに、車内から見える景色は激変します。ですから、右左折時に逆走しそうになって立ち往生、なんてケースもあるんでしょうね。

 

かつて旅行業界誌に勤めていた頃、「アメリカはレンタカーを使えばもっと楽しめる」という切り口で、初めて左ハンドル車で右側通行を体験しました。

 

ずーーーーっと緊張していたので、右左折で間違うことはありませんでしたが、ショッピングモールの駐車場に入ったところで気が抜けたんでしょうね、なんで対向車は右側を走ってるんだろう、と思ったら自分が左側を走っていた、というオチでした。無意識にやっちゃってたんですよね。

 

これからますます外国人旅行者の増加が見込まれますし、すでに外国人に大人気の沖縄や北海道では、「わ」ナンバーを見たらほかの地域で見る「わ」ナンバーより注意を払ったほうがよいかもしれません。

 

それに、世界で最も人口の多いあの国の人の多くは、ウインカーなんか出しません。私、ニュージーランドにいた頃に経験済みです。突然車線変更しますから、彼らは。すんげー危ないんですよ。あのノリで日本で運転されたらたまらん。。。

 

連休や夏休みで観光地に出かけてクルマを利用する予定の方、くれぐれもお気をつけ下さいね。

 

それでは今日はこの辺で。