読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

本来GTに強みがあったはずのフェラーリ

クルマ

昨日、先輩ライターたちと打ち合わせをしたのですが、その際の雑談でフェラーリの話になりました。

 

先輩ライターK氏が言うには、「フェラーリってスーパーカー的なイメージが強くなっちゃってるけど、本来はグランドツアラーに強みがあったはずなんだけどなぁ」とのこと。

 

たしかに私もフェラーリとえいば、テスタロッサや512TR、F40といった80年代のスーパーカーや、エンツォ・フェラーリにラ・フェラーリのような「本当にこれで公道を走っちゃっていいんですか」と聞きたくなるような、スーパーパフォーマンスカーというイメージがありました。

 

現行モデルで言えば、ベルリネッタやGTC4Lussoあたりの存在感がイマイチ希薄というか。。。FFが出たときも、フェラーリファンからは「4シーターなんてフェラーリじゃない!」なんて声が聞こえてきました。

 

このブログでも「高騰するクラシックカー市場」で触れたオークションで45億円で落札額が付いたのは、1962年式250GTOでした。この250系はどれも威風堂々としたグランドツアラーですし、365GT2+2なんてのもまたグランドツアラーらしいルックスの名車だと思います。

 

そういう意味では、「4シーターなんてフェラーリじゃない!」なんて叫んでいた人はちょっと恥ずかしくなっちゃうでしょうね。

 

こんな背景を知っておくと、ひょっとして現行モデルで最もフェラーリの伝統を受け継いでいるのはGTC4Lussoあたりなんじゃないかとさえ思えてきます。

f:id:nobie-t:20160921235338j:plain

出典:フェラーリ・ジャパン公式サイト(http://www.ferrari.com/ja_jp/#) 

 

これも好き嫌いになっちゃうんでしょうけど、見ているうちに愛おしくなってくるGTC4Lussoなのでした。

 

ちなみにGTC4Lussoのお値段は、私がこんなお気楽ブログでなんぼ「愛おしい!」とアピールしても¥34,700,000也。ビタイチ下がりゃしません。

 

ま、語るだけならタダですから(笑)

 

それでは今日はこの辺で。