読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

マーチがカッコよくなっちゃった!

クルマ

書こう、書こうと思っていて今になってしまいました。

 

パリ・モーターショーで日産自動車が5代目のマイクラを発表しましたね。

 

このクルマは日本では「マーチ」になるものです。

 

日産のウェブサイトから写真を拝借しようと思ったのですが、利用規約に「報道での使用のみ」と明記されていたので、ここに貼るのはやめておきます。

 

というわけで、気になる方はこちらのリンクをどうぞ。

autoc-one.jp

 

オートックワンの見出しが「まるで欧州車!?」とあるのは少々大げさだとしても、たしかにあっちのクルマっぽい雰囲気に近づいていると思います。ルノーの工場で作るようですから、ある意味では「欧州車」ですが。

 

新型マイクラは、簡単に言えば「カッコよくなっちゃった」でしょうか。

「カッコよくなった」のではなく「なっちゃった」です。

マーチって「かわいい」みたいなイメージが強かったですからね。

 

フロントは最近の日産車が共通で採用しているV型モチーフです。テールランプはブーメラン型。これはフェアレディZやジュークと同様のモチーフですね。

 

日産は今後これをアイデンティティにしたいのでしょうかね。GT-RでやっちゃったらV35型スカイラインの悪夢再び!ってなると思いますが。

 

さて、上記の記事にもありますが、私が最も気になるのは、新型マーチはノートと共存できるのか、というところです。

 

これまでの流れを振り返ってみると、ノートの台頭でマーチが中途半端な位置づけになっちゃって、結果売れなくなりましたからね。モデルチェンジによって、マーチがよりノートに近い存在になったような気がするのです。オートックワンの記事では、デイズやデイズルークスの存在もマーチを埋没させたとしています。軽自動車おそるべし。

 

日本仕様の詳細は、発売時期も含めてまだ何も発表されていません。商品ラインナップの整理というのも、新型マーチを日本で販売する際の課題になるのではないかな、と思います。

 

今日はちょっとマジメに語ってみました。

 

それでは今日はこの辺で。