読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

英国車ビスポークの双璧!「Bentley Mulliner」&「Q by Aston Martin」

クルマ

超高級英国車としてたびたび触れているベントレー。私の好きなブランドです。

 

また、同じ高級英国車のアストン・マーティンも、DB11の発表以降、好調なようで目が離せないブランドです。

 

そこで今日は、英国車のビスポークについてちょっと。

 

ビスポークとは、「Be Spoken」が語源であるとされています。主に英国のスーツを仕立てる際に、お客さんの話を聞きながら細かい仕様を決めていった、というところからきている言葉なのだとか。

 

ロールス・ロイスはそもそもがビスポークでしょうし、上に挙げたベントレーアストン・マーティンも、このビスポークに力を入れているようです。

 

ベントレーのビスポークは「Mulliner」、アストン・マーティンは「Q by Aston Martin」が担当。ベントレーに至っては、なんと自社内にビスポーク専門の部署と工房を備えています。

 

私の中では、MullinerとQが英国ビスポークの双璧だと思っています。

 

近年の両者の作品で、気になったものをご紹介しておきます。

 

まずは、アストン・マーティンのV12 Vantage S。

f:id:nobie-t:20161226231203j:plain

f:id:nobie-t:20161226231221j:plain

f:id:nobie-t:20161226231241j:plain

画像:いずれもアストン・マーティン公式ウェブサイト

 

すげぇ。。。

 

ボンネットのグラデーションなんて、炎が噴き出しているみたいですね、って思ったら、このクルマのイメージは活火山だそうです。なるほどね〜。

 

続いてMulliner。

こちらは数々ありますが、ここではこれを挙げておきましょう。

 

コンチネンタルGT Speed Mulliner「Black Speed」です!

f:id:nobie-t:20161226231609j:plain

f:id:nobie-t:20161226231640j:plain

f:id:nobie-t:20161226231505j:plain

画像:いずれもベントレー モーターズ公式ウェブサイト

 

ボディサイドのラインなんて、一歩間違えればD◯Nのクルマみたいになっちゃうんですけどね。それを見事に完結しているのは、コンチネンタルGTのデザインが完成されているのとMullinerのセンスというのが大きいのでしょう。

 

今回ご紹介した2台は、どちらもになっちゃいましたが、ボディカラーやインテリアのカラーについては、選択肢は無限大です。

 

いずれにしても、パーソナライゼーションと言うとイマイチ血が通っていないように聞こえますが(私だけ?)、なんてったってビスポークって響きがいいじゃないですか!

 

今後も不定期に「今日のビスポーク」みたいな感じで書いていこうかな、と思います。

 

それでは今日はこの辺で。