読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

コンチネンタルGT V8 S Mooncloud Edition登場

このブログでちょくちょくベントレーのコンチネンタルGTが好きだって書いていますけど、なんと日本市場限定仕様車が登場しました。

 

それがこちら!

 

コンチネンタルGT V8 S Mooncloud Editionです!

 

以下、画像はすべてベントレーモーターズジャパン公式ウェブサイト(https://www.bentleymotors.jp/models/continental/continental-gt-v8-s_mooncloud/

 

f:id:nobie-t:20170221233631j:plain

f:id:nobie-t:20170221233754j:plain

 

コンセプトは「日本の月夜に映える車」。

 

「ムーンクラウド」って名前もいいですよね。

 

ビスポーク(カスタマイズ)部門であるマリナーが製作を担当したそうです。

 

一歩間違うと中二病全開みたいなコンセプトですが、そこはさすがにマリナーかwww

 

クーペでは設定のなかったデュオトーン(ツートーン)を採用して、月光をシルバーで、夜空をブラックで表現したんだとか。

 

インテリアも贅沢!

f:id:nobie-t:20170221234621j:plain

まあ、ベントレーですからこのくらいはラグジュアリー感なら想像の範囲内ですよね。ブラックを基調にしながらもブルーのステッチを入れるあたりも、ベントレーらしいセンスだと思います。

 

内装で一番気になるのはこちら。

f:id:nobie-t:20170221234325j:plain

これ、グローブボックスの上にある「フェイシアパネル」なんですが、このモデル専用の加飾です。

 

「真珠白色と現代的なグレーを組み合わせたジオメトリック細工」という、わかったんだかわからないんだかピンとこない説明しかないので、詳細は不明ですが(笑)

 

別ルートから仕入れた情報によると、なんと本物の真珠貝を使って装飾しているそうです。

 

ちなみに車両本体価格は24,100,000円也

 

冒頭でも書いたように、日本市場のみ、わずか12台限定で発売です。

 

ノーマルの(って言い方が正しいかどうかはわかりませんがw)コンチネンタルGT V8 Sから100万円お高いだけ、だそうです。100万円だけ。。。

 

私がこのモデルで最も気に入っている点は、、、

 

ディーラーの発案を元に形にしたモデルだということ。

 

このクルマは日本全国で12台限定とのことですが、販売できる可能性・自信があるならディーラー単位での特別仕様もアリだそうです。

 

販売店の人がこういう企画に携われるというのは、大変だけどやりがいもあるんじゃないでしょうかね。

 

うーん、実物を見る機会があればいいなぁ。。。

 

それでは今日はこの辺で。