読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

物書き冥利に尽きる友人の一言

もう1年ほど前になりますが、このブログでこんな記事を書きました。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

私がニュージーランド在住時に好きだったビールの銘柄と、ワインの種類について書いた思い出話なので、どうってことない話ではあります。

 

ただ、先日大学時代からの友人R君(もう20年来の付き合いになるんですね)と飲んでいた際に、「そういえばRはビール好きだったよね」と聞いたところ、、、

 

「のびーの記事を読んでビールに興味を持ったのが始まりだよ。俺がそれまで知ってたのはビールのごく一部でしかなかったんだ、って知って、自分でも調べるようになったんだから」

 

なんだよ泣かせるじゃねえか!(嬉)

 

今やR君は、アニメーション制作の世界で活躍する業界人ですが、アニメの世界に飛び込んだ頃(=私がニュージーランドでフリーペーパーの編集者だった頃)は、ボロ雑巾のようになるまで仕事してました。いや、ボロ雑巾でした(笑)

 

そんな彼に、俺も海の向こうで頑張ってるよと、当時ウェブサイトで公開*していた「夏本番、ビールが止まらない!」という私が担当した特集のURLを送り、それを読んでくれたために上記のようにビールに興味を持った、ということだそうです。

 

*検索してみましたが、特集タイトルが出てくるだけで、記事はもう残ってないようです

 

物書きにとって気合が入るのは、(1)原稿料が高い仕事、(2)自分の大好きな分野の記事を書く仕事、(3)後々にもつながる仕事、だと思います。

 

少なくとも私はそうです。他のライターさんも大同小異じゃないでしょうか。

 

でも、私が最も嬉しいのは、自分が書いた記事を読んでくれた人が、R君のようにそのトピックに対して興味を持ってもらえること。

 

そういうのは物書き冥利に尽きます。

 

ちなみに、特集「夏本番〜」のサブタイトルは「ビール腹覚悟でお読みください」でした。

 

あの特集を世に送り出してから14年。

 

「俺たち食っても太らない体質だもんね」って笑い合ってたのも今は昔。

 

お互い少しずつビール腹化してきてますが、これからも良い関係でいられそうです。

 

それでは今日はこの辺で。