読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

あのクルマの二番煎じ!? トヨタC-HRのCMって…

自宅で作業をするときは、たいてい音楽をかけています。

 

ほぼYouTubeですけど。。。

 

よく聴いているのは、ドラクエのオーケストラ版とか月風魔伝のアレンジとか、主に歌詞がない曲です。

 

歌詞があるとつい口ずさんじゃって仕事にならないのでw

 

で、今日も何を聴くか動画を探していたら、トヨタC-HRの広告が再生されました。

www.youtube.com

 

大友克洋といえば、アニメ映画の金字塔『AKIRA』の監督です。

 

余談ですが、ニュージーランドで出会ったスイス人やオーストリア人から「AKIRAってカッコいいよな!日本にはあんな映画がいっぱいあるんだろ?」なんて聞かれるほどでしたから、ヨーロッパでの『AKIRA』の知名度はかなり高いんじゃないでしょうか。

 

C-HRはほかにも『北斗の拳』や『ストリートファイターII』などとコラボしたCMを作っていますよね。

 

ということは、クルマのターゲット層はこれらの映画やゲーム、漫画に熱狂した私と同世代からちょっと上くらい、ということなのでしょう。

 

ただし、大友監督のCMにケチをつけるわけではないのですが、このCMの感じ、何かと似ているなー、と思って探してみました。

 

そして思い出して見つけたのがこれ。

www.youtube.com

 

メルセデス・ベンツ Aクラスがデビューしたときのキャンペーン「NEXT A-Class」のテレビCMです。

 

ちなみにこのアニメは、『攻殻機動隊』なんかも制作したProduction I.G.が手がけたもの。沢城みゆきといった売れている声優を起用するなど、結構な力の入れようでした。

 

動画のフルバージョンはこちらをどうぞ。

www.youtube.com

 

この時のメルセデス・ベンツには、人生で最後に買う「上がりのクルマ」というイメージを払拭し、若い世代にもメルセデスに親しんでもらうため、という狙いがあったそうです。

 

まあ、若い世代と言っても、やっぱり私と同じかその前後の世代でしょうけどwww

 

この動画のおかげかどうかは知りませんが、Aクラス、Bクラス、CLA、GLAあたりのコンパクトカーたちは、これまでメルセデスを支えてきた層だけでなく、目論見どおりの顧客層にも受けているようです。

 

ですから、トヨタがC-HRのCMで矢継ぎ早にあれこれ繰り出してきても、メルセデス・ベンツの二番煎じという印象が拭いきれません。

 

こういう仕事をしていると自動車メーカー各社のCMさえ素直に見られなくなっちゃうので、それはそれでなんだか悲しいなぁ。

 

それでは今日はこの辺で。