読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

欧州勢に一泡吹かせてくれ!頑張れレクサスIS!

この秋にビッグマイナーチェンジ(BMC)を行ったレクサスIS

lexus.jp

 

今やレクサスはセダンからクーペ、ハッチバックにコンパクトSUVまでと、フルラインナップとなっていますが、日本で展開し始めたときには、GSとIS、SCの3モデルしかありませんでした。

 

ISはレクサスのオリジナル・メンバーなんですね。Jリーグで言えば発足当時の10チーム「オリジナル10」みたいなもんでしょうか。

 

そんなISですが、販売台数ではCTやNXに押されてしまっているようです。

 

それでもレクサスはISを見放さず、しっかりBMCをしてきました。

 

ISのライバルとなるのは、メルセデス・ベンツのCクラス、BMWの3シリーズ、アウディのA4あたりになりますね。

 

この3社の牙城の一角に食い込むには、相当なインパクトが必要です。今回のBMCは、そういった点を意識したデザイン面の変更が見られました。外観だけならフルモデルチェンジに近い、というのが私の印象です。

f:id:nobie-t:20161228232930j:plain

f:id:nobie-t:20161228233036j:plain

画像:レクサス公式ウェブサイト(http://lexus.jp/models/is/design/exterior_interior/index.html

 

レクサスもこのセグメントとしては非常に高い質感じゃないでしょうか、写真で見る限りですが。

 

正直に言うと、ISに対しての私自身の思い入れは強くありません。しかし今後、アルファロメオのジュリアなども入ってくると、このセグメントのセダンは一気に活性化しそうです。活性化といっても、Dセグのセダン輸入車に蹂躙されている、というイメージがありますから、国産メーカーでこれらの欧州勢に立ち向かえる唯一のブランドがレクサスでしょう。私の好みであるRCや、今後発売されるLCといったクーペにも期待していますし。

 

ぜひ、欧州勢に一泡吹かせてほしいものです。

 

それでは今日はこの辺で。