タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

「国内専用モデル」の強み:トヨタ センチュリー

最近、トヨタ センチュリーの記事が多いように思います。

 

今日もこんなのがありました。

autoc-one.jp

 

「普通の人は購入できない」という都市伝説は本当なのか?という内容ですが、記事中ではあっさり「どなたでもご購入いただけます」とのこと。

 

とはいえ、車両本体価格が1900万円もするうえ、100万円もの手付金が必要ということですから、ある意味では「普通の人は購入できない」のは当然なのだと思います。

 

センチュリーみたいな巨大なクルマを、アクア並の台数で街なかで見かけるようになったら邪魔でしょうがないし(笑)

 

さて、このセンチュリーですが、国内専用モデル。日本でしか買えないんです。

f:id:nobie-t:20180821231137j:plain

画像:トヨタ公式ウェブサイト

 

あちこちに日本の匠の技がちりばめられているようで、フロントグリルに付けられている鳳凰のエンブレムは、江戸彫金の流れを組む匠が1カ月半もかけて彫った金型を使って成形されているのだとか。

 

他にも内装では天井を一段高く仕上げる建築様式「折り上げ天井」を採用しています。しかも天井のクロスにも伝統的な文様の織物を用いるなど、とにかく和のテイスト全開なんですね。

 

ここまでこだわり抜くことができたのは、やはり日本国内専用モデルだからだと思うんです。

 

同じメーカーが作るクルマでも、レクサス LSのように世界中で売ることを前提としたクルマとは対照的で興味深いところ。アプローチが全く違うというか。

 

一気に所帯じみた話になります(笑)が、そういえば2013年の東京モーターショーでデビューしたスバル レヴォーグも、当初は国内専用を謳っていました。

f:id:nobie-t:20180821232422j:plain

いつの間にか「好評につき」ということで、海外での販売も始めていたようです。。。

 

ま、レヴォーグは大衆車ですから、売れる場所に持っていくのは当然か。センチュリーのような格の高いクルマと一緒にしちゃいけませんよね(笑)

 

それでは今日はこの辺で。

快適だったよタイ国際航空(昨日の宣言と異なり飛行機の話www)

昨日の記事では「次回はアンサナ ラグーナ プーケットの客室以外の話を書いてみようと思う」と宣言したものの、ちょっと路線変更。

 

出張時の飛行機での話を書いてみようと思います。

f:id:nobie-t:20180820224213j:plain

といっても、逐一撮影していたわけではないので、ちょっとした小ネタ集みたいな感じになっちゃうんですけどね。

 

さて、帰国時にはプーケット国際空港でラウンジを使わせてもらいました。

 

ラウンジ滞在時にチャチャッと書いた記事でも触れています。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

あらためて写真を載せておきましょう。

 

この入口を入ると、、、

f:id:nobie-t:20180820223943j:plain

 

ほぼ貸切状態でした。

f:id:nobie-t:20180820224259j:plain

私たちがラウンジを後にする頃には満席に近い状態になっていました。

 

夕方ということもあり、みんなお腹がすく時間帯。

 

提供されている料理はどれも美味しかったです。

f:id:nobie-t:20180820224718j:plain

 

こうやってラウンジなどを使わせてもらっていますが、私たちが搭乗するのはエコノミークラスです(笑)

 

ほらね。

f:id:nobie-t:20180820224425j:plain

上の写真は3日目にバンコクからプーケットに移動した際のもの。

 

必要十分というか、キレイで快適でした。フライト時間がわずか1時間だったというのもありますけどね。

 

国内線とはいえ、そこはフルサービスキャリア。機内食として軽食が出ました。

f:id:nobie-t:20180820224549j:plain

ミートパイみたいなやつです。帰国時のプーケットバンコク線でも同様のものが提供されました。

 

ちなみにバンコク羽田線は夜便ですから、夕食は美味しくないシンプルなサンドイッチが提供されるのみ。下の写真は往路の羽田〜バンコク線で撮ったものですが、帰路も基本的に同じでした。

f:id:nobie-t:20180716225445j:plain

 

そういうこともあり、バンコクスワンナプーム国際空港ではパッタイを食べて夜便の粗末な夕食簡易的な夕食に備えた、というわけなのです。

tabiguruma.hatenadiary.com

f:id:nobie-t:20180712200801j:plain

スワンナプーム国際空港の「マンゴーツリー」というお店は、タイ国際航空の方もお勧めのレストラン。トランジットで時間がある方は、ぜひ足を運んでみてください。

 

東南アジアから帰ってくるときに夜便を使う方は、機内で提供される夕飯はどの航空会社も似たり寄ったりですから、ぜひ空港でしっかり食べてから搭乗するようにしてくださいね。

 

うーん、書いてたら腹減ってきた(笑)

 

それでは今日はこの辺で。

アンサナ ラグーナ プーケット、広すぎて素晴らしさの半分も伝わらんか。。。

昨日のスコータイ・バンコクに引き続き、今日も思い出話にかこつけた勝手にタイアップ企画(笑)をお送りします。

 

今日はプーケットで泊まらせていただいた、アンサナ ラグーナ プーケットをご紹介しましょう。

 

プーケットのラグーナエリアにあるこのリゾートですが、この一帯は昔はスズ鉱山のあった場所で、オーナーはある意味ではだまされてこの土地を購入した、なんて裏話も聞きました。

 

それは今となっては冗談半分なのでしょうが、土壌を改善し、木を植えて少しずつ整えていき、5つ星の素晴らしいリゾートとして人気を博している今に至ったのだとか。

 

一般客のフロントはこんな感じ。

f:id:nobie-t:20180819223437j:plain

私たちはVIPエントランスから入らせてもらいました(嬉)ので、ここはスルー。

 

ラグーナエリアの客室が見えてきます。

f:id:nobie-t:20180819223542j:plain

 

下層から見るとこんな感じです。

f:id:nobie-t:20180819223609j:plain

 

私たちに割り当てられたのは、ラグーナを臨む2階建ての部屋でした。

 

1階はリビングになっています。

f:id:nobie-t:20180819223631j:plain

 

窓側から見た図です。奥の白い扉はクローゼットかと思いきや、トイレでした。

f:id:nobie-t:20180819223655j:plain

 

BOSEのサウンドシステムがあったのはよいのですが、Bluetooth接続できないモデルでしたので、残念ながらこれは使っていません。

f:id:nobie-t:20180819223822j:plain

 

2階はベッドルームです。

f:id:nobie-t:20180819223939j:plain

1階のリビングはタイル張り、2階のベッドルームはウッドと、床の素材が使い分けられているのは、とても好印象。

 

こんなところにも、リビングは明るく、ベッドルームは落ち着いた雰囲気にするというデザインのこだわりが見えました。

 

ベッドにはこんなメッセージも。

f:id:nobie-t:20180819224341j:plain

全ての客室にこれがあるのかどうか不明ですが、決して悪い気分にはなりません。

 

特徴的だったのはバスルームです。

f:id:nobie-t:20180819224455j:plain

この写真だけではわかりにくいのですが、ガラスの奥に見えているバスタブがあるスペースは、、、

 

f:id:nobie-t:20180819224719j:plain

なんとオープンエア!

 

リゾート感満載ですが、虫が照明に集まってきそう。。。

 

それに私はとても蚊に刺されやすく、刺されると尋常じゃないくらい腫れるので、結局ここは使いませんでした。

 

シャワーブースが反対側にありますので、そういう不安のある方も安心です。

 

バルコニーからの眺めはまさにリゾート。

 

こちらは1階のバルコニーから。

f:id:nobie-t:20180819225246j:plain

よく見ると同行メンバーの女子もバルコニーに出てるのがわかります。

 

こちらは2階のバルコニーから撮ったもの。

f:id:nobie-t:20180819225352j:plain

ちょっとだけ視点が上になっただけで、あまり変わらないかな(笑)

 

このリゾート、とにかく広いし、泊まらせてもらった部屋がこれだけ素晴らしかったので、これだけの長さになっちゃいました。

 

次回はアンサナ ラグーナ プーケットの「その他」について書いてみようかと思います。(まだまだ引っ張りますwww)

 

プーケットには何度も足を運んでいる」とか「パトンビーチには飽きてきた」という方がいらっしゃったら、1度ラグーナエリアに滞在してみるのもアリですよ。(周囲には何もありませんが、静けさを求めるならピッタリです)

 

それでは今日はこの辺で。

さすが5つ星ホテル!スコータイ・バンコクは快適だった

さあ、思い出話シリーズです(笑)

 

先月のタイ出張はほぼ1週間の間にものすごい数のプログラムが詰め込まれていましたが、実際に執筆するのはタブロイドサイズの1ページのみ。

 

泣く泣くカットする話もあるのです。

 

カットする話の筆頭格が、ホテルの詳細な情報。

 

媒体の性格上、あまりこれを重視しません。

 

なので今日はバンコクで宿泊した5つ星ホテルのスコータイ・バンコクについて書いてみたいと思います。

 

もうね、いきなり客室から載せちゃいましょう。

f:id:nobie-t:20180818185913j:plain

たしか下から2番目のカテゴリーの部屋でした。

 

広さは38㎡だそうですが、もっと広く感じました。

 

窓側から撮ったものがこちら。

f:id:nobie-t:20180818190210j:plain

右奥に見えているのが入り口。左奥はバスルームです。

 

この奥行き感が実際の広さ以上に広く感じた要因ではないかと。

 

また、テレビも壁掛けの薄型だったのも、圧迫感が皆無だった理由かも。

 

マカオのMGMコタイでもありましたが、テレビをつけたら私の名前が(笑)

f:id:nobie-t:20180818190429j:plain

(加工したので名前部分が透明化してますがwww)

 

私の場合はシングルユースだったので困りませんでしたが、ダブルシンクじゃないところだけがマイナス要素でしょうか。

f:id:nobie-t:20180818190624j:plain

奥に見えているスペースはシャワーブースです。

 

洗面台の反対側にバスタブがあります。

f:id:nobie-t:20180818190819j:plain

ご覧のように壁は鏡なので、スッポンポンの自分の姿がこれでもかというほど映ります(笑)

 

なぜかバスタブのフチにはアヒル隊長がいたんですけどね。

f:id:nobie-t:20180818191736j:plain

 

 

私たちが泊まらせてもらった客室は、すべて中庭に向いていました。カーテンを開けると美しい中庭が見られます。

f:id:nobie-t:20180818191143j:plain

中央の芝生エリアをハスが浮かぶ池がぐるりと囲んでいます。

 

下に降りるとこんな感じ。

f:id:nobie-t:20180818191454j:plain

 

ハスの花って、咲いた姿を見られるのは朝だけですから、早起きすると得した気分になりますね。

f:id:nobie-t:20180818191554j:plain

 

さて、5つ星ホテルのスコータイ・バンコクですが、私が泊まらせてもらった客室でも2万円台だそうです。

 

スイートルームでも6〜7万円程度ということなので、お得感はありますよね。

 

それだったら記念日とかで使うのもアリです。背伸びしなくても手が届くというか。

 

バンコク市内は、東京とは比べ物にならないくらい、こういったラグジュアリーホテルがあります。

 

スコータイ・バンコクのすぐそばには、バンヤンツリーがありました。

f:id:nobie-t:20180818191910j:plain

ポキっと折れそう(笑)ですが、今度はこっちにも泊まってみたいなー、なんてね。

 

家族や友人・知人に、こういうホテルに泊まったのだという話をすると、とっても羨ましがられます。

 

でも、いつもいつもこんなオイシイ思いをできるわけではありません。

 

時にはこんな独房の方がまだマシかと思うようなあまり色気のない年季の入った部屋に泊まることもありますので、ギャップが激しいのです。

f:id:nobie-t:20180818192343j:plain

豊橋のとあるお宿です。いつも引き合いに出してスンマセンwww

 

今日は何が言いたかったかというと、バンコクに行く予定のある方にはスコータイ・バンコクはとってもお勧めですよ、というタイアップ的なことでした(笑)

それでは今日はこの辺で。

新しい政府専用機のB777が日本にきた!

政府専用機といえばB747

 

いわゆる「ジャンボジェット」と呼ばれたベストセラー&ロングセラー機です。

 

すでに国内の航空会社はB747を全て退役させていたため、整備の委託先がなくなるということで、政府専用機も次世代機にチェンジということになったそうです。

 

そして選ばれた機材がB777-300ER。

 

私の好きな機材の1つです!(嬉)

 

詳細はこちらの記事が詳しいのでご覧ください。

www.huffingtonpost.jp

 

ちなみに政府専用機自衛隊の装備だということは意外と知られていません。

 

航空自衛隊公式ウェブサイトの主要装備にもちゃんと掲載されています。

www.mod.go.jp

 

まだB747のままですが、これがいつB777-300ERに変更されるのでしょうか。

 

そんなことを楽しみにしているのは私だけですかね(笑)

 

それでは今日はこの辺で。

チャオプラヤ川をボートで移動中に飛び交った声:「水しぶきが入らないように口を閉じて!」

昨日に引き続き思い出話です。

 

先月のタイ出張では、バンコクを流れるチャオプラヤ川をボートに乗って移動するときがありました。

 

チャオプラヤ川は大河ですから、多くの船が行き交っています。

 

大きな船とすれ違った後は波が大きく、私たちが乗った小さなボートは木の葉のように揺れ、そのたびに水しぶきが船内に飛び込んできました。

 

そんなとき、タイ国際航空の大ベテランの方が「水しぶきが入らないように口を閉じて!」とみんなに注意。

f:id:nobie-t:20180816232019j:plain

ご覧のように水が茶色いため「もし飲んじゃったらお腹壊すよー」だそうです(笑)

 

まあ、たしかに体内には入れたくない色ですもんね。

 

これを見てしまうと、隅田川が清流にさえ見えてしまうから驚きです(笑)

f:id:nobie-t:20180816233410j:plain

 

そういえば2年前にベトナムに取材に行ったときにも、ホイアンでボートで移動することがありました。写真をよく見ると、まさに水しぶきが上がっている瞬間にシャッターが切られています。

f:id:nobie-t:20180816232613j:plain

このときはモロに水しぶきをかぶったなぁ。。。

 

今こうやって見ると、チャオプラヤ川よりもマシな水の色ですね(笑)

 

話はタイに戻りますが、プーケットでは定番のパトンビーチではなく、宿泊したのはラグーナの方でした。

 

この時に宿泊させていただいたは、アンサナ・ラグーナ・プーケットです。このリゾートについては、あらためて後日書いてみたいと思います。

 

なので、ラグーナエリアにある隣のホテルの視察にはボートで向かいました。

f:id:nobie-t:20180816233025j:plain

こんな水路も通りましたが、やっぱりチャオプラヤ川の水の色が最も際どいですね(笑)

 

国内外を問わず、水辺に行くとテンションが上がるのはなぜでしょうか?

 

それでは今日はこの辺で。

同じWynnの噴水ショーでも規模がこんなに違う(笑)

先月のタイ出張から帰ってきたタイミングから、おかげさまでずーーーーーーっと忙しい感じです m(_ _)m

 

ありがたやありがたや。

 

お盆なども特に関係なく、というかクライアントの多くが休みなので、連絡が一切こないので仕事がはかどっちゃいます(笑)

 

はかどってはいますが、そこは薄氷を踏むようなスケジューリングのため、特に今週はヒヤヒヤしっぱなしなのですが。。。

 

1歩も家から出ずに原稿を書いている日が3日も続いていますから、曜日感覚がなくなってきました。。。

 

気がついたらもう水曜日が終わるのですね。

 

そんなインドアな私ですが、思い切って旅行ネタを書いてみます!

 

今日のお話はマカオ

 

土曜日の『世界ふしぎ発見!』で香港とマカオが取り上げられていたので、5月のマカオ出張を思い出した、というのが正確なところなのですが。

 

そのなかでもネタはウィン・マカオと、ウィン・パレス・コタイについて。

 

どちらもウィングループのホテルですが、ウィン・マカオはその名のとおりマカオ半島にあるカジノ併設のホテルです。

 

一方のウィン・パレス・コタイは、コロアン島とタイパ島の間の埋立地「コタイ地区」にあり、こちらもカジノ併設の大型ホテルです。

 

この2軒を有名にしているのが、ホテル前の人工池で行われる噴水ショーです。

 

ラスベガスに行ったことのある人なら、ベラッジオの噴水ショーを思い浮かべていただければ、そのパクリであることが非常に似通ったコンセプトのショーであることがわかると思います。

 

ただし、ウィン・マカオとウィン・パレス・コタイの噴水ショーは、規模がかなり違います。

 

三脚を使って撮ったわけではないのであまり上手に撮れていませんが、ウィン・パレス・コタイはこんな感じ。

f:id:nobie-t:20180815231639j:plain

 

対するウィン・マカオはこうです。

f:id:nobie-t:20180815231717j:plain

 

ウィン・パレス・コタイのショーは、光量多め、水圧高め、音も大きめという、まるで家系ラーメンの注文みたいでした。

 

たまたまタイミングが盛り上がっているときだったのだろうとお思いかもしれませんが、観光局の方も「ウィン・マカオの噴水ショーはちょっと地味なんですよね…」とおっしゃっていたので、決して私のフカシではありません。

 

後からできたウィン・パレス・コタイの方が派手になるのは仕方ないのですが、ちょっとウィン・マカオがかわいそうに思えてきました。

 

忙しい時期は、こんな風に過去のネタを小出しにしていってやるぜ!

 

それでは今日はこの辺で。