タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

写真を撮ることが躊躇われた諏訪大社 上社本宮の神域

今月2週目に訪れた信州でのエピソードは実にたくさんあります。

 

順不同であれこれ書いてきましたが、今日は最終日に訪れた諏訪大社の上社本宮と上社前宮について書いてみたいと思います。

 

午前中に松本城を訪れたため、松本ICから諏訪湖インターへ。

 

高速道路を降りる前に、諏訪湖SAで休憩。

f:id:nobie-t:20181023160948j:plain

スターバックスのすぐそばにある展望台から、諏訪湖を見下ろすことができます。

 

 

そしていよいよ諏訪大社の上社本宮へ。

 

ナビどおりに進んだらとんでもない細い道を通らされました(笑)が、無事に到着。

 

一見すると正面のように見えますが、これは北参道側の鳥居です。

f:id:nobie-t:20181023161338j:plain

 

この鳥居をくぐってすぐ左側には、江戸時代末期の名横綱として知られる雷電為右衛門の銅像がありました。

f:id:nobie-t:20181023161515j:plain

説明書きによると、この銅像のモデルは、昭和の大横綱柏戸、佐田山、富士錦だそうです。

 

うーん、さすがに柏戸しか聞いたことがない…。

 

さらに進むと、土俵があります。

f:id:nobie-t:20181023161713j:plain

今気づいたのですが、雷電銅像と土俵の間には神楽殿があり、そこも写真に撮ったはずなのですが、携帯のメモリにも一眼レフのメモリにも入っていません。。。

 

ひょっとすると、2010年秋に八ヶ岳の登山後にここに来て、N君とT君が相撲をとったバチがあたったのでしょうか。。。

f:id:nobie-t:20181023161937j:plain

 

気を取り直し、表参道側にやってきました。

f:id:nobie-t:20181023162015j:plain

 

表参道の鳥居をくぐるとすぐに目に入ってくるのが、布橋門と参拝所方面へと続く布橋です。

f:id:nobie-t:20181023162206j:plain

 

布橋門のすぐ右には、本宮二之御柱がそびえ立っていました。

f:id:nobie-t:20181023162243j:plain

諏訪大社の最大の行事にして、日本三大奇祭の1つとされている「御柱祭」で、氏子をめどてこに乗せたままの御柱を急斜面から落とす「木落し」は、映像などでご覧になった方も多いと思います。

 

このお祭りは、上社本宮と上社前宮、下社春宮と下社秋宮に4本ずつ、計16本の御柱を立てるためのものなのですね。

 

実は上に載せた北参道側の鳥居の写真ですが、手水舎の奥に本宮一之御柱が写っています。

 

この4本の御柱に囲まれた内側が神域とのこと。

 

実は私、その境界内に足を踏み入れた時から、外とは異なる空気を感じていました。

 

そのため、参拝所まで来ても写真を撮ることが躊躇われ、結局は撮らずじまい。

 

参拝所の手前にある宝物殿のそばから、山奥に立てられた本宮四之御柱を見ることもできましたが、もうこの頃には写真を撮ってはいけないという思いが強くありました。

 

私の気のせいかもしれないのですが、あの場では本能に従って余計なことをしない方がよいだろうと判断した次第です。

 

逆に言えば、まだ自分にそういう雰囲気を察知する鋭敏な感覚があったことを喜ぶべきなのではないかと。

 

上社本宮を後にした私たちは、妻の意向もあって上社前宮にも行ってみることに。

 

拝殿を囲むように、御柱が立てられていました。

f:id:nobie-t:20181023164108j:plain

不思議なことに、本宮で感じたような怜悧な雰囲気はここでは感じられず。

 

社殿も小さく人も少なかったにもかかわらず、前宮の方がよほどにぎやかに感じたほどです。

 

ちなみに前宮の付近から、八ヶ岳が見えました。

f:id:nobie-t:20181023164259j:plain

 

心霊現象の類は一切信じていませんが、昔の日本人が厳しい自然の脅威に対して怖れを抱き、少しでもその災難から逃れようとした神社というのは、やはり科学では解明できない力がある場所なのかもしれません。

 

「パワースポット」などと言って軽々しく近づき、まるでコレクションのようにお守りを求め、ウェーイな写真を撮ったりインスタ映えなどと大騒ぎをしたりするのはどうかと思いますが、まだ人間が動物であることを再認識し、自然の中で生きているのだと自覚し、生活を考え直すきっかけとする場としては、神社はうってつけですね。

 

ま、神楽殿の写真の謎だけは残っていますが。。。

 

それでは今日はこの辺で。

JR豊橋駅の新幹線改札前のディスプレイがポロGTIに変わってた!

今日は輸入車関連の仕事で久しぶりに豊橋に行ってきました。

 

前回の豊橋行きが昨年8月でしたから、1年以上もご無沙汰してしまったことになります。

 

豊橋駅の新幹線改札前には、実物の自動車がディスプレイされています。

 

少なくとも昨年8月までは、メルセデス・ベンツが製造&販売するsmart for fourが改札前で豊橋を訪れる人を出迎えていました。

f:id:nobie-t:20181022233920j:plain

 

そして今日、豊橋駅で私たちを向かてくれたのは、フォルクスワーゲンのポロGTIでした。

f:id:nobie-t:20181022234015j:plain

実は私は、現在のスバル・レヴォーグを購入する前は、義父のお下がりでフォルクスワーゲン・ポロ(9NBBY)に乗っていたので、ポロにはちょっとした思い入れもあります。

 

これはレヴォーグが納車された日に、ディーラーの駐車場で並べて撮ったもの。

f:id:nobie-t:20181022234206j:plain

9NBBYから何世代目になるかわかりませんが、デザインはずいぶん変わりましたね。

 

丸目4灯のヘッドランプは可愛らしく、色もキレイなブルーでしたから、1年半ほどしか乗らなかったにもかかわらず、それなりに思い入れもありました。

 

そういえば早川町オートキャンプ場に初めて行ったのも、このポロと一緒でした。

f:id:nobie-t:20181022234501j:plain

ま、欲しくて欲しくて買ったレヴォーグを目の前にして、変な感傷はどこかに飛んでいってしまいましたけど(笑)

 

豊橋には国内外のいろんな自動車メーカーの拠点があります。

 

これから先も、豊橋駅の新幹線改札ではいろいろなクルマが出迎えてくれることでしょう。

 

それでは今日はこの辺で。

信州・松本の奥座敷、美ヶ原温泉のお宿「翔峰」で大満足!

昨日の記事の中で、今年の夏休みの旅行(10月でしたけどw)で訪れた松本城について触れた際に、泊まった美ヶ原温泉の宿についてもちょっとだけ書きました。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

私たちが泊まったのは、美ヶ原温泉の高台にある「翔峰」という大規模な温泉ホテル。

f:id:nobie-t:20181021165223j:plain

うっかりしていてロビーの様子などを写真に収めていないのですが、広くてとてもキレイでした。

 

ここの「西の館」というのが、今年5月にリノベーションが終わったばかり。

 

しかも、展望風呂付客室へのアップグレードと、夕食に信州牛ステーキが付くプランへのアップグレードをしても、1人2万円でお釣りがくるというかなりお得な料金で泊まることができたのです。

 

おそらくリニューアル後のキャンペーン価格で、なおかつ平日だったから、というのがあるのでしょうが、最もお得な宿泊プランを設定していたのが日本旅行だったというのには驚きました。

 

最初はじゃらん楽天トラベルなど、ネット系の旅行会社で検索したのですが、近所のイオンに入っている日本旅行OMCの店舗でパンフレットを見たら、ネットはもちろんJTBよりもお得だったため、その場で即決&予約。

 

日本旅行はこの宿への送客実績がかなりあるのでしょうかね?

 

いずれにしても、ネットだけじゃなくリアル店舗のパンフレットもバカにできないと痛感した次第です。

 

翔峰 西の館での私たちの客室は、こんな感じ。

f:id:nobie-t:20181021170123j:plain

かつて和室だったのを、和洋室として改装したのでしょうね。

 

アップグレードした客室内の浴室からは、松本市街の夜景がよく見えます。

f:id:nobie-t:20181021170237j:plain

残念ながら私のお色気シーンはありませんので悪しからずご了承ください。

 

誰も期待してませんかそうですか。

 

翌朝の松本市街の眺めも良かったです。

f:id:nobie-t:20181021170338j:plain

実はこの写真の中に、松本城が見えているんです!

 

写真のサイズを小さくしてしまったので、ただの点でしかありませんが。。。

 

昨日の記事でも載せた写真ですが、松本城側から見ると翔峰はこう見えます。

f:id:nobie-t:20181020181843j:plain

中央の山裾に見える白い建物が翔峰です。

 

食事内容も良かったです。いちいち全部写真に撮っていませんが、地ビールも飲めて大満足でした。

f:id:nobie-t:20181021170653j:plain

地ビール、地酒、信州ワインと、お酒のラインアップが非常に充実していましたので、酒好きな人も大満足できると思います。

 

1つだけ残念だったのは、この宿の1番の売りである展望大浴場に入れなかったこと。

 

到着した日は終日女性用で、男性は翌朝にお入りいただけます、とのことだったのです。

 

朝起きたら展望大浴場まで行くのが面倒になっちゃって(笑)

 

それでも自室の展望風呂には入りましたので、よしとしましょう!

 

ちなみに、美ヶ原温泉と美ヶ原高原は別の場所なので、両方セットで考えないようにご注意ください。

 

それでは今日はこの辺で。

現存する日本の天守閣は木造建築の世界最高峰!あらためて国宝 松本城はカッコイイ!

今年の私の夏休みは10月に入ってからでした。

 

2泊3日で信州方面へ。

 

最終日は松本城に行ってみましたので、今日はその話でも書いてみましょう。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

当日の記事でも書いたのですが、あっちこっちに「国宝松本城」と、「国宝」の文言が付けられていました。

f:id:nobie-t:20181020180946j:plain

 

堀の水面に逆さ天守閣が美しいこの場所では、たくさんの人が撮影していました。

f:id:nobie-t:20181020181135j:plain

月見櫓が改修工事中で白いシートで覆われているのだけが残念でしたが、5層6階の見事な天守閣ですよね。

 

長野有数の観光地だけあり、平日にもかかわらずそれなりの人がいました。

 

もちろん海外からやってきたYouたちもたくさん。

 

でも、連休や夏休み中などは、もっともっと混雑するのでしょうね。

 

チケットを購入して中に入ります。

 

真下まで来ると、400余年の風雪に耐えてきた天守閣の威容に圧倒されます。

f:id:nobie-t:20181020181431j:plain

内部は博物館になっているのですが、銃器の展示が充実しすぎていたのは何か意味があるのでしょうかね(笑)

 

そっち方面のスペシャリスト的な学芸員がいるとか?

 

内部は観光客でにぎわっていましたが、かろうじて誰もいない瞬間を撮ることができました。

f:id:nobie-t:20181020181648j:plain

日本の木造建築技術の高さは、やはり世界一ですよね。私はまだ訪れたことがありませんが、姫路城など現存する天守閣を見ると、木造建築の世界最高峰を見ている気分になり、日本に生まれてよかったと思えます。

 

天守閣からの眺めも抜群です。

 

西側の窓からは、穂高連峰をはじめとする日本アルプスを望むことができます。

f:id:nobie-t:20181020181803j:plain

この日は残念ながら雲がかかっていました。

 

こちらは東側。前日に泊まった美ヶ原温泉のお宿が見えました。

f:id:nobie-t:20181020181843j:plain

この宿についてはまた日をあらためて書いてみます。

 

天守閣の屋根裏には、こんなものが祀られていました。

f:id:nobie-t:20181020181939j:plain

松本城のウェブサイトによると、これは二十六夜神というもので、「関東地方で盛んだった月待信仰が持ち込まれたものと解されている」そうです。

 

天守閣の見学を終えて、次に我々が向かったのは二の丸御殿跡。

 

こちらは火災により焼失してしまったそうで、現在は当時の間取りをレンガなどを使って展示しています。

 

味噌部屋だけでこの広さ。

f:id:nobie-t:20181020182143j:plain

味噌部屋の面積が我が家の敷地面積とほぼ同じという事実に驚愕し、妻と大笑いしながら帰ってきました(笑)

 

ちなみに連休後の平日にこういう場所を訪れると、イベントの後片付けのような場面に出くわす確率が非常に高いです。

 

この日もこんな光景を目にしました。

f:id:nobie-t:20181020182501j:plain

嗚呼、兵どもが夢の跡。。。

 

それでは今日はこの辺で。

アイサイトは融通がきかない学級委員長!?

もはや先進運転支援システムは、クルマの標準装備の様相を呈してきましたね。

 

最近ではこれらのシステムをまとめて「ADAS(Advanced Driver Asistance System:エイダス)」なんて言い方をするみたいです。

 

スバルは早くからこのADASの実装に取り組んできただけあり、アイサイトは国産メーカーではADASの代表格にまでなったのではないでしょうか。

 

多くのメーカーがレーダーとカメラで先行車をはじめとする自車の周囲の状況を検知するのに対し、スバルのアイサイトは2台のカメラで先行車との距離を判断したり、センターラインなどを検知しています。

 

このシステムを基本とし、2008年の登場以来、アイサイトは進化を続けてきました。

 

我が家のレヴォーグには3代目にあたるアイサイトVer.3が搭載されていますが、現行モデルはこのVer.3をベースにアイサイト・ツーリングアシストなるものも装備されているそうです。

 

スバルのクルマを見ていただくと、フロントガラスの中央上部に四角い物が2つ並んでいるのがわかると思います。

f:id:nobie-t:20181019155317j:plain

これがステレオカメラです。

 

人間が両目で対象物との距離を測っている(片目だと距離がうまく把握できない)のと同様に、2台のカメラで周囲の状況を読み取る、というのがシステムの基本的な考え方だそうです。

 

ゴリゴリの文系である私には、それ以上の詳しいことはわかりませんが、使用感は決して悪くありません。

 

私の知人のスバルユーザーも「アイサイトは楽でいいねぇ」と言っておりましたし、国のADASに関する安全評価基準でも最高評価を得ています。

 

さて、前置きがかなり長くなってしまいましたが、ここからが今日の本題です。

 

「ぶつからない」「飛び出さない」「警告してくれる」といったメリットのあるアイサイトですが、この中で「飛び出さない」がネックになってしまった経験をしました。

 

いつもの登山仲間のN君とT君と一緒に山梨県早川町オートキャンプ場に行ったときのこと。

f:id:nobie-t:20181019161030j:plain

 

1泊して撤収し、いざ立ち寄り温泉へ!とアクセルを踏んだところ、、、

 

警告音がけたたましく鳴り響き、メーターパネル内には「前方注意!」の文字が。

 

状況としてはこんな感じでした。

f:id:nobie-t:20181019161106j:plain

かえってわかりにくいですかね(汗)絵心はないのでご了承ください。

 

が我が家のレヴォーグ。白が、向かいの区画に停まっていたデリカです。

 

黒い線は高さ5cm程度の縁石で、これを乗り越えてからステアリングを回し、出口のある左方向にに進もうとしていました。

 

5cmとはいえ、乗り越えるためには多少アクセルを踏まなければなりませんが、アイサイトが目の前のデリカを「先行車」として検出したため、飛び出し防止のブレーキがかかってしまい、進めなかったのです。

 

まさかアイサイトに邪魔されて5cmほどの縁石を乗り越えられないとは思いませんでした。

 

こういう場合に採るべき手段は2つ。

 

1つは、アイサイトを一時的にOFFにする方法。メーカーやディーラーは、この方法を推奨しているのかもしれません。

 

もう1つが、発進前にステアリングを少し回しておくことです。こちらが私が行った回避手段で、アイサイトに「先行車は僕も認識してるよ。突っ込むつもりはないからブレーキなんてかけないでくれたまえ」と伝えることができます(笑)

 

まあ、「回避行動を取っている」という状況をドライバーが作ってやる、ということですね。

 

ステアリングの据え切りは良くないと思われるかもしれませんが、停止状態で右に左に何度も一杯までステアリングを回すわけじゃありませんので、それほど大きな問題はないはずです。

 

それよりも、OFFにしたアイサイトをONにし忘れて、ONのままだと思っていて事故を起こすよりも安全な方法だと思っています。

 

 

車道を逆走する自転車を避けるためにセンターラインに近づくと「はみ出し注意」と警告され、直角に曲がる住宅街を走っていると「前方注意」と注意されることも1度や2度ではありません。

 

まるで「先生!のびー君が少しセンターラインを踏みそうになりました。いけないと思います!」などと言って、帰りの会で吊るし上げようとする融通がきかない学級委員長のようなアイサイトですが、2020年にはさらに進化したVer.4を搭載したクルマが出るとの噂もあります。

 

一体どこまで進化するのやら。

 

それでは今日はこの辺で。

川中島古戦場跡は美しい公園でした

信州旅行の2日目、善光寺を堪能した私たちは、2泊目の美ヶ原温泉に向けて、上信越自動車道の長野インターを目指していました。

 

前日に来た時から気になっていたのが、「川中島古戦場跡」です。

 

私は戦国武将オタクではありませんし、戦国BASARAにハマった女子でもありません(笑)が、ちょうどCATVのヒストリーチャンネルで、1988年に放映されたNHK大河ドラマ武田信玄』の再放送が行われており、何度か見ていた縁もあったので、ちょっとだけ川中島古戦場跡に寄ってみることにしました。

 

余談ですが、『武田信玄』は大河ドラマ歴代視聴率の2位だそうです。その視聴率が39.2%という驚くべき数字!

 

ちなみに1位は1987年の『独眼竜政宗』(39.7%)で、3位は1989年の『春日局』(32.4%)だそうです。

 

私は小学生でしたが、両親と一緒に夢中になって見ていた覚えがあります。

 

まさに大河ドラマ黄金期!

 

川中島古戦場跡は、武田信玄上杉謙信が一騎打ちをした地として知られています。

f:id:nobie-t:20181018181100j:plain

 

両雄が対峙する姿を表現した立派な銅像がありました。

f:id:nobie-t:20181018181158j:plain

軍配を持っているのが武田信玄ですが、大河ドラマでは中井貴一が演じていましたね。

 

中井貴一ではちょっとスマート過ぎる気がします(笑)

 

馬上の武将は上杉謙信です。

f:id:nobie-t:20181018181305j:plain

大河ドラマでは柴田恭兵が演じていましたが、こちらも少々スマートすぎるかな?

 

銅像がある一帯は、八幡社の境内にあたるようです。

f:id:nobie-t:20181018182132j:plain

左の奥に「毘」という旗印がありますが、そのあたりが前述の銅像があるあたり。

 

そしてこの写真には写っていない、さらに左の方に、大きな首塚がありました。説明書きを読むと、大きな首塚はこの境内にありますが、現在の公園がある一帯には無数の首塚があったそうです。

 

まあね、古戦場ですから、そういうのがあっても不思議ではありません。だから、なんとなく首塚の写真を撮るのは控えました。

 

川中島古戦場跡は現在、美しい公園として整備されています。

f:id:nobie-t:20181018181823j:plain

プラネタリウムのある左の建物は、長野市立博物館です。この日は休館日でした。

 

ここで妻が怖い一言。

 

公園にでもするしか使い道がなかったんじゃない、この土地は。

 

まあ、宅地造成しても簡単には売れないでしょうし、たしかにそうかも。。。

 

八幡社と反対側のピクニック広場の一角には、佐久間象山銅像もありました。

f:id:nobie-t:20181018182751j:plain

佐久間象山といえば、幕末の志士に影響を与えた思想家・兵学者という印象が強いですが、戦国武将から江戸時代後期の松代藩士まで同じ公園にいるというのは、ちょっと節操ない感じもしますけどね。

 

川中島古戦場跡には30分もいませんでしたが、かつて日本史で覚えた遠い記憶が蘇ってきて、充実した時間を過ごすことができました。

 

いつもなら「それでは今日はこの辺で。」で締めくくるところですが、今日は1988年の大河ドラマ武田信玄』に敬意を表し、流行語大賞にもなったあの言葉で締めくくりたいと思います。

 

今宵はここまでに致しとうございます。

走ってる姿や駐車場での佇まいに惚れた!新型クラウンがカッコイイ!

先週の長野旅行や、山梨県早川町にキャンプに行った際に、道中で新型クラウンをかなり見ることができました。

 

実物を見たのは昨年の東京モーターショーだけでしたが、、、

f:id:nobie-t:20181017231446j:plain

街なかで見るのは初めてでした。

 

戸隠神社の駐車場では、隣が新型クラウンでした。

 

ちょうどオーナーさんが乗っていてナビを設定しているところでしたし、そもそも人様のクルマを勝手に撮るのも気が引けますので、写真はありません。

 

モーターショーのときと違い、リアまわりのボリューム感などは、こっそりと間近に見ることができました。

 

かなりヨーロッパ車のセダンを意識したスタイリングですが、メーカーが主張しているように、私の世代(40代前半)が乗っても違和感はないように思います。

 

このセダンが本当に似合うようになるには、もう少し年齢を重ねたほうがよいかと思いますが、いずれ候補にしたいと思える佇まいでしたね。

 

あとは走らせてみてどうかですが、まさか自分がいつかはクラウンって考えるようになるとは思いませんでしたけど(笑)

 

ちなみに、駐車場で見かけたクラウンも、すれ違ったクラウンも、みんなグリルに「RS」のバッジが付いていましたから、売れ筋グレードは「RS」なのでしょう。

 

RSのラインアップは、2.0リッター、2.5リッター+モーター、3.5リッター+モーターですが、おそらく2.5リッター+モーターのハイブリッドモデルが最も売れているのではないかと推測します。

 

しかも4WDも用意されていますから、あと10年もしたら本気で候補にするかもしれませんね。

 

それでは今日はこの辺で。