タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

こぼれ話シリーズ:バンコクでも料理教室に参加。いったいこれは何という料理!?

私が依頼を受ける海外取材の場合、高確率で「体験モノ」がプログラムに入っています。

 

例えば昨年のグアムでは「マリンアクティビティてんこ盛り」を体験し、

tabiguruma.hatenadiary.com

 

2年前のベトナム取材時には、ホイアンでクッキングスクールに参加しました。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

そして今年のタイでは、バンコクでやはり簡単な料理教室に参加。

 

この記事でほんの少しだけ触れていますが、

tabiguruma.hatenadiary.com

 

今日はその料理教室の様子を簡単に書いてみたいと思います。

 

料理教室で作ったのは、バンコクの伝統的な料理とのこと。

 

生姜の風味がきいていて、甘辛く味付けしたひき肉を練って作った皮に包んで蒸した料理なのですが、料理名がまったくわからず。検索してもわかりません(泣)

 

ギョウザとシュウマイのようなノリで、もっと小さなものと思っていただければ。

 

まずは先生が皮の材料を紹介してくれます。

f:id:nobie-t:20181218195800j:plain

複数の粉がありましたが、薄力粉とか強力粉とか、そういう違いなのでしょうか。説明がイマイチわかりませんでしたw

 

で、これに水と着色料を入れて、、、

f:id:nobie-t:20181218195915j:plain

 

加熱しながら混ぜる、混ぜる、混ぜる!

f:id:nobie-t:20181218195942j:plain

 

あるタイミングで突然色が変わり、こんな生地ができあがりました。

f:id:nobie-t:20181218200041j:plain

 

そしてひき肉を包み、大きなピンセットのような道具で花の形に成形していきます。

f:id:nobie-t:20181218200208j:plain

 

ここまでわずか15分足らず。先生の手つきをただただ感心して見ていた我々でしたが、先生の口は「さあ、みなさんもやってみましょう!」だと(笑)

 

紫色の生地と、前もって用意していただいた白い生地を使い、花と鳥の形を作ることになったのですが、これが結構難しい!

 

作る過程の写真がなくて恐縮ですが、のびー作がこちらです。

f:id:nobie-t:20181218200431j:plain

最もよくできたものだけにピントを合わせて撮るという、ちょっとズルをした写真です(笑)

 

ちなみに鳥の目はゴマ、クチバシはニンジンです。

 

これを蒸し缶の中に入れて蒸すのですが、個性的な作品が揃いました(笑)

f:id:nobie-t:20181218200609j:plain

 

蒸し上がったものは、作者がそれぞれ美味しくいただきました。

f:id:nobie-t:20181218200728j:plain

 

繰り返しになりますが、これは何という料理なのでしょうね?

 

教えて詳しい人!(笑)

 

それでは今日はこの辺で。

日本でも正式に歌舞伎顔を廃した新型プリウス発売!やっぱり「ザ・コンサバ」だwww

先日、「新型プリウスは歌舞伎顔を廃止するらしい」という記事を書きました。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

そして今日、あらためて日本で新型プリウスが発売されました。

f:id:nobie-t:20181217222747j:plain

画像:トヨタ自動車公式ウェブサイト

 

先代の写真も貼っておきましょう。

f:id:nobie-t:20181217223238j:plain

画像:トヨタ自動車公式ウェブサイトプリウス新旧比較)

 

たしかに「歌舞伎顔」じゃなくなりましたね。どちらかというと2代前に先祖返りしたような感じもします。

 

リアコンビネーションランプもかなり変わりました。

f:id:nobie-t:20181217223027j:plain

画像:トヨタ自動車公式ウェブサイト

 

前モデルのテールランプは、首根っこを掴んで持ち上げられたウナギみたいな形だったように思います。

 

前モデルは、そのあまりのアバンギャルドさに、年齢の高い層の心を掴むことはできていなかったようです。

 

それに対し、新型は「ザ・コンサバ」と言えるスタイリング。

 

やっとプリウスのターゲット層に合ったデザインになったのではないでしょうか。

 

ちなみに、歌舞伎顔を廃した新型プリウスでも、アグレッシブなスタイリングを求める人には、モデリスタやTRDのエアロパーツも用意されているようです。

f:id:nobie-t:20181217223741j:plain

画像:トヨタ自動車公式ウェブサイト

 

私なんぞはプリウスに乗るのにアグレッシブにする必要もないように思いますが、美意識は人それぞれなのでねwww

 

トヨタのディーラーも、やっと落ち着いて売ることができるのではないでしょうか。

 

それでは今日はこの辺で。

年が明けたら出国税がスタート。この税の財源を若者のために使ってほしい!

いきなりですが、2019年1月7日から国税の徴収が始まります。

 

正式名称は国際観光旅客税。

 

課税対象は日本から出国する人で、1人あたり1000円です。

f:id:nobie-t:20181216180805j:plain

税の目的は、観光先進国実現に向けた感光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源の確保だそうです。

 

この税の導入に至るプロセスでは、「2020年に訪日外国人4000万人を達成するための財源確保」というホンネも表に出ていたのですが。。。

 

なんだかぼんやりした目的に書き換えられていました。

 

これまで言われていたのは、観光地での多言語案内表示の整備やガイド育成のための費用、といったものでした。これらに加え、海外でのプロモーション費用もこの税収の一部を使いたいということもあり、どうとでも解釈できるような表現に落ち着いたのかもしれません。

 

さて、出国税の課税対象は日本から出国する人ですから、日本人も含まれているのを忘れてはいけません。

 

屁理屈と思われるかもしれませんが、私はこの税については受益者負担という税の原則が成立しないと考えています。

 

日本人が国内旅行をする際には、日本語の案内表示さえあれば問題ありません。

 

外国人のための環境整備にかかる費用を、なぜ海外に出かける日本人が負担しなければならないのか。

 

そのあたりの合理性については、あまり議論されてこなかったように思います。

 

私の提案としては、現在アウトバウンドとインバウンドが、それぞれ1800万人と3000万人といった具合に極めてアンバランスな状況を少しでも解消するため、出国税の一部を使ってほしいというもの。

 

以前、このトピックについては当ブログでも触れていますが、、、

tabiguruma.hatenadiary.com

 

国税の一部を若者のパスポート取得費用に充当してあげなさいよと思います。

 

旅行業界の年寄りたちは「若者の旅離れ」なんてほざいていますが、データを見ると20〜24歳で海外に出かけた人の割合(出国率)はむしろ上がっています。

 

大学生のお小遣い額が、10年前は2万4000円だったのが、今は8000円台にまで下がっているのに、出国率は上がっているのです。(人口が減っているから絶対数が減っているだけ)

 

「若者の旅離れ」なんていうのは体の良い言い訳だったのですwww

 

LCCの普及により、今では10年前よりも海外に行きやすくなっているのですから、興味がある人はどんどん行ったらよろしい。パスポート取得にかかる1万5000円(でしたっけ?)があれば、LCCで近隣の国を往復するのは可能なはずですからね。

 

若い人には外の世界をどんどん見てほしいですし、それをさらに後押しする財源として、この税が使われるのであれば納得できるのですが。。。

 

いずれにしても、この税が日本人にとってもメリットがある税として、正しく徴収&運用されることを望みます。

 

それでは今日はこの辺で。

やめられない止まらない!? アダプティブクルーズコントロールの便利さ

ネットでクルマ関連のニュースをフラフラしていたら、こんな記事に出会いました。

www.webcartop.jp

 

内容は記事タイトルのとおりです。

 

そしてこの記事でトップに挙げられていた便利な装備が、アダプティブクルーズコントロール(ACC)です。

 

自車の速度を保ちつつ、先行車との車間距離も一定に保ちながら巡航できる快適装備です。

 

私は4年前にレヴォーグに乗り換えた際に、アイサイトに含まれるACCを初めて体験したのですが、なんと楽なことか!

 

当時勤めていた会社の社用車のステップワゴンやレガシィ(BL/BP型)にはない装備でしたから、会社のクルマを運転して遠出するのが本当に億劫でした。

 

まさに一度経験したら非装備車には乗れない!

 

そう強く感じたものです。

 

渋滞時には、勝手に止まってくれます。アイドリングストップも連動しているので、燃費の向上にも寄与する装備です。(目に見えるほど燃費が上がるわけではありませんがwww)

f:id:nobie-t:20181215232701j:plain

 

先行車との距離を一定に保つため、接近するとブレーキが作動しますから、上の記事にもあるように「無意識のうちに先行車を煽った」と感じられることもなくなります。

 

自家用車にまで自動運転が普及するとすれば、制限速度以上は出ない、という仕様になることが予想されますが、果たして自動運転技術を搭載したクルマと非搭載のクルマが混在する状況ではどうなるのやら。。。

 

そう考えると、ACCくらいでやめておくのもひとつの手ではないかと思えてきます。

 

それでは今日はこの辺で。

こぼれ話シリーズ:マカオのMGMコタイはアートなホテル!?

取材したけど記事化には至らなかったネタをお送りする「こぼれ話」シリーズ。

 

今日は今年5月に取材で訪れたマカオで泊まったMGMコタイについてです。

f:id:nobie-t:20181214225153j:plain

MGMコタイは今年2月にオープンしたばかりの新しいホテル。カジノやショッピング施設も併設されているので、最近ではIR(Integrated Resort=統合型リゾート)などと呼ばれていますね。

 

日本では横浜のみなとみらい地区が特区としてIR建設を進める話が出ているんでしたっけ。

 

MGMコタイは実際に記事にしましたが、紙幅の関係で盛り込まなかったネタがあります。それがタイトルにもある「アート」。

 

上の写真のアトリウムにある筋斗雲みたいなオブジェも高名なアーティストの作品なんだとか。

f:id:nobie-t:20181214225706j:plain

 

下部にはMGMのオーナーのサインが入っています。

f:id:nobie-t:20181214231640j:plain

 

このホテルにはエントランスホールが複数あるのですが、メインエントランスの天井にあるのはただのシャンデリアではありません。

f:id:nobie-t:20181214231725j:plain

生命の根源がどーたらこーたら、という説明がありましたが、一同「ふ~ん」って顔で聞いてました(笑)

 

別のエントランスホールには、ライオンの像がたくさんありました。

f:id:nobie-t:20181214231812j:plain

 

各ライオン像にはさまざまな「アート」なデコレーションが施されていましたが、、、

f:id:nobie-t:20181214231909j:plain

イラズラなのかアートなのかわからん!

 

もう1つのエントランスホールには、清王朝時代の絨毯コレクションが展示されていました。

f:id:nobie-t:20181214232041j:plain

私のヒアリングが確かならば、「乾隆帝の頃に作られたものです」と説明されていたはずです。

 

最も高価な絨毯は別の場所にありました。

f:id:nobie-t:20181214232136j:plain

たしかにここだけ扱いが違うわな。

 

以前、MGMコタイの向かいにあるウィン・パレス・コタイについて書いた記事では、内装がとにかくキンキラキンで、本来なら博物館などにあるべきものが金の力にモノを言わせて集めた感があると書きました。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

MGMコタイの絨毯の数々を見て、同じことを感じた次第。

 

明らかに日本人の感覚とは異なる装飾ですから、ある意味では面白いのですがね(笑)

 

それでは今日はこの辺で。

PayPay狂想曲の最中に市町村がキャッシュレス化のモデル事業を開始

いやはや、今日もまたPayPayが一時使えなくなるという混乱があったようですね。

 

私はお祭り開始2日目に大きな買い物をしたので、混乱とは無縁でした。

tabiguruma.hatenadiary.com

 

電子マネー後発となるPayPayが、この札束ビンタ攻勢で先行する電子マネーに追いつけるのか、疑問と言えば疑問です。しかし、いち消費者&個人事業主としては、この手のお祭りには参加しておかない手はありませんw

 

そんなPayPay狂想曲ともいえる状況下で、こんな発表がありました。

www.travelvoice.jp

 

乱暴にまとめると、全国の市町村が加盟する団体が、キャッシュレス化で中国人を地方に呼ぼう、中国の決済プラットフォームと組んでモデル事業をやろう、という内容です。

 

この団体というのが、東京オリンピックパラリンピックを活用した地域活性化首長連合という長ーい名前の団体です。

 

団体名だけ聞くと、実効性の薄い親睦会のようなものじゃないのかと疑いたくなりますが、9月に開催されたツーリズムEXPOでは、いろんな人と会うためのネットワーキングフォーラムを実施していました。

ちなみに彼らは自らオリパラ首長連合という略称を使っていました(笑)

f:id:nobie-t:20181213225835j:plain

 

ネットワーキングタイムでは、プレゼンテーションを行った先進8市町の担当者らの前に列ができていました。

f:id:nobie-t:20181213225741j:plain

この写真だとあんまり賑わってるように見えませんね(汗)

 

実際にはもう少し賑わっていました。

 

そして、このフォーラムを取材した感じから言うと、かなり気合の入った市町村がメンバーになっているんだな、というところです。

 

そういう団体が、外国人旅行者に向けたキャッシュレス化のモデル事業を始めた、というのですから、旅行業界としては結構大きなニュースなのです。

 

 

外国人旅行者が困ることとして挙げる要素の1つに、キャッシュレスでの決済がしにくいというものがあります。

 

たしかに食券販売機を使っているラーメン屋では、クレジットカードでの支払いもできないでしょうしね。

 

現金での支払いに慣れている我々が想像する以上に、そういう細かい部分で「不便だ」と感じる外国人は多いようです。

 

政府もキャッシュレス化を推奨していますが、日本では現在、さまざまな電子マネーが乱立している状態です。

 

この先、もっと増えるのか、それとも一定の淘汰があるのか。

 

いずれにしても、使う側がわかりやすいものになっていけばいいなぁ。

 

それでは今日はこの辺で。

こぼれ話シリーズ:ホイアンでクッキングスクールに参加!

取材したけれど記事化に至らなかったネタをご紹介する「こぼれ話」シリーズ。

 

今日も2016年4月に取材で訪れたベトナムの話題です。

 

ちなみにこのときは5日間の旅程でしたが、文字数が恐ろしく限られていたうえ、記事に盛り込む内容は私に一任されていました。

 

なので、泣く泣く取り上げなかったネタが豊富なのです。っていうか触れなかったネタの方が多いかもwww

 

というわけで今日は、ホイアンで参加したクッキングスクールの話です。

f:id:nobie-t:20181212190326j:plain

ホイアン到着後、ガイドさん(室内に写っている男性です)の後について市内を歩くこと10分足らず。「Cooking School」と書かれたこの場所で先生を待つことに。

 

私たちの他には、オーストラリア人カップルが参加していました。年齢はおそらく30歳前後と思われるこのカップルですが、男性(名前はクリスだそうです)が完全に尻に敷かれている感じでした(笑)

 

奥さんはこういう体験モノが大好きな感じで、クリス自身は興味はないけれど、奥さんが好きなものには黙ってついて歩いている、みたいな雰囲気ですwww

 

先生が到着すると、ワゴン車に乗せられてホイアン周辺の畑へ。

f:id:nobie-t:20181212190603j:plain

ニラだったかネギだったか忘れましたが、ベトナム料理で使う食材がどんなふうに育てられているか、その一端を見せようというプログラムのようでした。

 

落花生が天日干しされている場所では、我々プレスツアーの1人が先生に「食べてごらん」と言われて1粒食べた後、ガイドさんが来て「お腹が痛くなっても知らないヨ」と脅していましたwww

f:id:nobie-t:20181212190822j:plain

 

畑を抜けると、喫茶店のような場所で一休み。この場所はベトナムの原風景のような景色の中にありました。

f:id:nobie-t:20181212190930j:plain

 

再びワゴン車に乗ってホイアン旧市街に戻ると、市場でさらに食材を買い足します。

f:id:nobie-t:20181212191008j:plain

左に写っている黒いズボンをはいた女性が先生なのですが、なぜか私は妙に気に入られてしまい、ベトナム人女性ってこんなにグイグイくるんだっけ?なんて思った次第。

 

まあ、大学生の頃から婆ちゃんの友達などには「いい男だ」と言われまくっていたので、年上受けする何かがあるのかもしれません。50歳以上も年上ですが。。。

 

そういえば同世代からは言われたことないなぁ(泣)

 

話を戻すと、食材の調達を終えた我々ご一行様は、ボートへと案内されました。

f:id:nobie-t:20181212191418j:plain

買った食材はみんなで分担して運びます(笑)

 

水上から眺めるホイアン旧市街も、なかなか風情がありました。

f:id:nobie-t:20181212191526j:plain

 

川を下ること約20分、連れてこられたのは、何やらラグジュアリーな雰囲気のあるプライベートヴィラのような場所。

 

どうやらここがクッキング会場のようですが、すぐそばにはプールが。

f:id:nobie-t:20181212191650j:plain

同行のライターさんと共に「絶対に押すなよ!」の儀を終え、いよいよクッキングスタート!

 

しかしここで驚愕の事実が判明。

 

畑や市場を案内してくれた先生が、「それでは皆さん、楽しんでくださいねー」と言ってサヨナラするではないですか。クッキングの指導は別人が担当するとは!

 

彼女は畑などを案内するガイドさんだったのね。。。

 

メニューはベトナム風のサラダと春巻、あとはナントカというヌードル系の料理でした。

f:id:nobie-t:20181212192041j:plain

 

これがサラダですね。

f:id:nobie-t:20181212192055j:plain

 

こっちがヌードル系の料理です。

f:id:nobie-t:20181212192130j:plain

 

実は川を下っている間、我々のガイドさんが「これは日本人には向いていないツアーですネ。FIT(個人旅行)なら別だけど、観光局はなぜこれをプレスツアーに組み込んだんだろう?」と流暢な日本語で言っていたので、私は限られた文字数をこのクッキングスクールに費やすのはやめようと判断。

 

取材するというよりも、仲間たちと楽しく料理して夕食を食べる、という心持ちにシフトしていましたwww

 

ダナンやホイアンがもう少し日本市場でメジャーになり、ある程度成熟してくれば、こういう体験モノもよいかもしれませんが、それにはもう少し時間がかかりそうです。

 

とはいえ、一般の日本人旅行者よりも先んじてこういったプログラムを体験できたのは、とてもよい経験になりました。

 

興味のある方は、ぜひ探してみてください。

 

それでは今日はこの辺で。