読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

観光大使あれこれ

都道府県では、地元の魅力を発信するために著名人を「観光大使」に任命するというのはスタンダードになっていますね。

 

私の故郷、福島県では平成3年から「福島県との関係が深く、各界で活躍している人」を「しゃくなげ大使」として任命しています。ちなみに「しゃくなげ」とは福島県の花。昔の県広報のテレビCMは「しゃくなげコーナー」というタイトルで放映されていました。

 

で、メンバーを見てびっくり!本当に「福島県との関係が深い」のか疑問に思う方も中にはいらっしゃいます。出身者に限った方がいいんじゃないでしょうかね。元バレーボール選手の大林素子さんや解剖学者の養老孟司さんあたりは、何かのタイミングで福島を応援してくれたのかもしれませんが、「関係が深い」んでしょうか。。。

 

お時間があったらメンツをご覧ください。

 

www.pref.fukushima.lg.jp

 

さて、お隣の栃木県は「とちぎ未来大使」として文化、芸能、スポーツなどのジャンルに分けて各界で活躍している人を任命しています。ここまでは他県と同じですが、とちぎ未来大使はそれぞれ「担当」が決められています。何人か面白そうな担当をピックアップしてみましょう。

 

石井真由美さん(声楽家・ソプラノ) 担当:“かんぴょう広報官”

ソプラノ歌手にかんぴょう広報官を担当させるというのもなかなかスゴイです(笑)

 

ダイアモンド☆ユカイ(ロックシンガー) 担当:とちぎのいいとこおしえ隊、隊長

この担当だけを見るとロックな感じがしません(笑)レッドウォーリアーズはカッコ良かったのになぁ。

 

U字工事(お笑い芸人)担当:なし

あれだけ「栃木!栃木!」とネタで叫んでいるU字工事ですが、担当は「なし」(笑)何でもいいから担当を決めればいいのに。。。

 

ほかにもたくさんいらっしゃるので、お暇なときに栃木県のウェブサイトをご覧ください。

 

最後はさらにお隣の群馬県。こちらは「ぐんま観光特使」と呼んでおり、群馬県のウェブサイトによると76の個人と団体が任命されています。

www.pref.gunma.jp

 

異色なのは横浜DeNAベイスターズ監督のアレックス・ラミレス氏。ベイスターズ監督就任前に、独立リーグの群馬ペガサスで監督兼選手だったことが縁のようです。思い入れもあるのでしょうが、今は横浜の人ですからね(笑)

 

さあ、みなさんの地元の観光大使はどんな方々でしょうか。まず間違いなく都道府県のウェブサイトに載っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

それでは今日はこの辺で。