読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

ポリネシアの島々:行っておけばよかったクック諸島

今日の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系列)でニュージーランドサモアが出てきましたね。

 

番組の内容について詳しくは触れません。

 

放送を見て思い出したのが、そういえばニュージーランドからだとポリネシアの島々へのアクセスが良かったな〜、ということでした。

 

私が住んでいたオークランドでは、街中の旅行会社のウィンドウに「FIJI $◯◯◯〜」「SAMOA $◯◯◯〜」「NEW CALEDONIA$◯◯◯〜」といった張り紙がたくさんありました。

 

ポリネシアの島々は、ニュージーランドの人にとって手近なリゾートなわけです。

 

そんな中、日本にいるとなかなかお目にかかることのできない旅行先が。

 

「COOK ISLANDS $◯◯◯〜」

 

くっくあいらんど?

 

お恥ずかしい話、日本にいた時には知らなかった島です。

 

日本語表記では「クック諸島」。今では観光局の日本語サイトがあるんですね。詳しくはこちらをご覧ください。

www.go-cookislands.jp

 

ちなみに外務省のウェブサイトによると、この島は1901年にニュージーランドの属領となり、1965年に内政自治権を獲得してニュージーランドとの自由連合制に移行した、とあります。

 

ですから、クック諸島民はニュージーランド国籍を有し、言語は英語、通貨もニュージーランドドルです。ニュージーランド人にとっては、国内のリゾートアイランドといった位置づけなのでしょうね。

 

私が住んでいた2年ちょっとの間に知り合った日本人の知人も、ニュージーランドで初めてこの島の存在を知り、どうしても行ってみたくなって1週間くらい出かけてましたっけ。

 

ま、日本への帰国便の航空券を持っていかなかったため、危うくクック諸島からニュージーランドに戻れなくなりかけてましたけど(笑)

 

今思えば、クック諸島に行ってみるというのは、スカイダイビングと並んでニュージーランドにいる間にやっておけばよかったことの1つとなっています。

 

短い旅行であっても、外に出れば日本にいては知る機会が少ないことを自分の目で見て、体で覚えることができます。

 

それこそが旅行の醍醐味だと思うんですよね〜。

 

このブログでも当時の思い出話をちょいちょい書いていますが、書くたびにどこかに行きたい病が発症して困るwww

 

それでは今日はこの辺で。