読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

EXP 12 Speed 6eの衝撃!

クルマ

ジュネーブモーターショーではさまざまなコンセプトカーが発表されましたが、最も衝撃を受けたのはこれでした。

 

f:id:nobie-t:20170315231735j:plain

画像:ベントレーモーターズ公式ウェブサイト(http://www.bentleymotors.com/en/models/concept-cars/exp12-speed-6e.html

 

ベントレー EXP 12 Speed 6e です。

 

外観自体は、一昨年のフランクフルトモーターショーで発表されたEXP 10 Speed 6のコンバーチブルといったところですが、EXP 12 Speed 6eは車名の末尾に「e」が入っていることからもわかるように、電気自動車(EV)です。

 

このクルマで私が気に入っているのは、アクセントカラーにカッパー(銅色)を使っているところです。

 

EVとかハイブリッドなどのエコカーって、たいてい青ですよね。

 

例えば日産リーフは、、、

f:id:nobie-t:20170315232759j:plain

画像:日産自動車公式ウェブサイト(http://ev.nissan.co.jp/LEAF/

 

エンブレムが青です。

 

トヨタとレクサスも、ハイブリッドカーはエンブレムが青ですから、「エコカー=青」なんて刷り込みが完了していたところにベントレーのカッパーです。

 

外装でカッパーのアクセントが使われているのは、フライングBバッジのセンター、ホイールセンター、マトリックスグリルの格子が交差するポイント、ブレーキキャリパーのみ。

 

一歩間違うと痛いデザインになっちゃうのですが、品が良いところでとどめるセンスはさすがです。

 

内装の画像がありません(広報用画像はあるのですが、私的目的での使用は制限されています)でしたので、YouTubeの公式チャンネルのリンクを貼っておきます。

www.youtube.com

 

残念ながら、このクルマはあくまでもベントレーがEVを作るとこうなるよということを内外に知らしめるショーケースとして製作したもの。

 

今後寄せられるこのコンセプトカーへの意見を元に、将来のクルマづくりに活かすんだとか。

 

いやー、実物を見てみたいですねぇ。

 

でも、東京モーターショーにはベントレーは出展しないんだろうなぁ。

 

それでは今日はこの辺で。