読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビグルマ雑記帳

仕事で触れることが多い「旅」と「クルマ」を中心に、いつも感じていることを書き綴っています。

アルピーヌA110っていったら…

ジュネーブモーターショーではさまざまなクルマがワールドプレミアとなりましたが、私が気になったのは、アルピーヌA110の新型が日本に導入されることが決まった、という発表でした。

 

response.jp

 

記事によると、新型A110の最高出力は252PS、最大トルクが32.6kgmを発生。最高速度こそリミッターによって250km/hに抑えられていますが、0-100km/h加速は4.5秒と、1.8リッターエンジンとしてはまずまずじゃないでしょうか。

 

何よりも車重が1トンちょっとらしいですから、ライトウェイトスポーツカーとして十分過ぎる魅力があるように思います。

 

さてさて、「アルピーヌA110」といえば、かつてラリーで活躍した名車として、今でもクラシックカー市場で安くない価格で取引されているクルマ。

 

クラシックカーの中でも特にお気に入りです!

 

そのラリー・モンテカルロ仕様のアルピーヌA110は、タミヤ模型から1/24のスケールモデルでキット化されています。

 

f:id:nobie-t:20170313204245j:plain

画像:タミヤ模型公式ウェブサイト(http://www.tamiya.com/japan/products/24278alpine_monte/index.htm

 

うーん、カッコよすぎる(笑)

 

ラリー仕様じゃないキットもあるのですが、今は絶版なのでしょうか。商品紹介のページがありません。

 

新型はこのデザインを踏襲して現代風にアレンジした、という感じですから、オールドファンにとっても納得できるのではないでしょうか。

 

来年には日本に上陸するとのこと。

 

記事ではポルシェ・ケイマンやロータスエキシージなどと競合することになりそうだ、とありますが、アルファ・ロメオの4CやアウディのTTあたりとも勝負することになるんじゃないでしょうか。

 

こういうスペシャリティカーが導入されるということは、日本市場が活発だという判断があってこそ。

 

うなるほどお金を持っている人にはぜひ、購入してもらいたいものです。

 

私に買ってれるというのでも大歓迎です。

 

それでは今日はこの辺で。